kissa*almanakka | 200712

kissa*almanakka

OBがんばる!
 去年から言い続けていた「イブとクリスマスは休みます」表明を
しっかりと無視され、ボロボロ状態なのに出勤させられたわたし。
はい。イブとクリスマスは、みなさんが予定がありますからね(−−;

 代わりに、今日はお休みにしてもらいました。
なぜなら、kykyの母校の演奏会があったのです。

卒業してからも、母校にお手伝いに行くkyky。
今回も、もちろんお手伝い要員に立候補(笑

実は、kykyたちのバンドのパーカッションの楽器は古いし
あまり良いものではありませんでした。
おまけにイジワルな女子になかなか練習させてもらえず
kykyは自分のお小遣いで購入した楽器を使っていました。
お小遣いで購入できるものですから、高が知れています。
それでも、大喜びで演奏していました。

最近、音楽をこれからも続けるという彼の決意を聞き
わたしはかなり高価な楽器を購入しました。
清水の舞台から飛び降りたのです(笑
クリスマスも誕生日もプレゼントなしでいい!という約束でね。

その楽器を・・・・後輩に貸してあげると言われ
正直、なんで?と思った母・・・心せまいですね(笑

今日、その後輩が叩くkykyの楽器・・・
いい音です。
kykyが調律したのです。彼曰く「いま世界でNo1」(爆
狭量な母はふつふつと思います(−−;

「うちのこは、こんないい楽器でこの舞台に立てなかったのに」

演奏の合間に会場を走り回り、働いているkyky。

思えば、いつも一番最後まで残り部員と持ち物の確認をするから
お母さんたちの間でついた仇名が「積み込み隊長」だったとか。
万一、リーダーや部長や先生が忘れたら困るから・・・・と
なんでも予備を携帯し、救急箱まで用意していたっけ。

そんなことを考えながら、甲斐甲斐しく働くわが子を見ながら
これがこの子の生き方なのかな・・・・なんてちょっとセンチメンタル(笑

そういえば、小さい頃から女の子に「良い人だけど好きな人じゃない」って
言われてたっけΣ( ̄□ ̄:
女子のお母さんに「kykyは良い奴で、いい友達だ!付き合うとか言うな!」
って言われるのよ(笑・・・・
って、言われたなぁ・・・・あははは(≧m≦)

kykyの活動を通して、わたしも意識改革されました。
「うちの子」を見るから「部員みんながうちの子」
だって、親が車出してもわが子は電車だったりするんです(笑
わたしだけじゃなく、いろんなお母さんがそうやって
子供の活動を支えてくれているんですね・・・

きっと今日のわたしの拍手の仕方を見て
「あら、いま演奏している子の親ね」って思った人いたかも(≧▽≦)
ブブー( ̄^ ̄人
知ってる子なだけ(笑

がんばれ!OB!
キミのその優しさが後輩たちに脈々と受け継がれて行くのだ!
今日の敢闘賞だったよ(←親バカ

| kukka | kyky | 23:14 | comments(26) | - |
お詫び
 おばあさんと猫のことです。
代理投稿の方から、ご連絡がありました。
里親募集はリセットしてください、とのお話でした。

 「おそらく・・・おばあさんは里親募集を気軽に考えていたのかも」と。

もっと簡単に、だれかにあげられると・・・・
ワクチンは?血液検査は?なんてことは考えもせずに・・・
けれど、現実は違いました。

「ほんとうに7匹を野に放ったのかも、もうわかりません」と。

代理の方も、おばあさんも責められません。
代理の彼女は、後味の悪い思いをしていらっしゃることでしょう・・・

わたしも、自分の無力さに対して情けなさでいっぱいです。

そして、この記事を読みリンクをしてくださった方々
ご紹介くださった方々
応援してくださった方々
一緒に心を砕き、ご心配くださった方々
ほんとうに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

もう里親募集は一旦停止とのことでした。

いま、確認すると「いつでも里親募集中」にページは
そのままになっていました。
2にゃんの姿を見ると悲しくて泣けてきます。





続きを読む >>
| kukka | 里親募集 | 19:53 | comments(4) | - |
悲しくて、切なくて・・・・
 実は、書くに書けずにいたことがあります。
「おばあさんと7匹の猫たち」のことです。

 里親募集の代理投稿をなさった方に、紅葉と同じように
専用ページを作りましょうか?と、サンプルを作ってメールをしました。
すると、お返事が来て募集は一旦停止にとおっしゃいました。

 
続きを読む >>
| kukka | お外の子たち | 14:45 | comments(13) | - |
No More Homeless Animals Clinic Report
 みなさまにご心配いただいた、紅葉の避妊手術が無事済みました。
ありがとうございましたm(__)m
応援のお言葉をたくさん頂いて、心強かったです〜(>O<)

どこの病院で手術を受けたかというと・・・・
No Moreホームレスアニマルクリニックです!
こちらは、このブログにもリンクさせて頂いています。
神戸市灘区にあるこのクリニックは、4年間で野良猫を50%減らそうという
取り組みをしている国内初のNPO団体です。
リンクさせて頂いているし、趣旨にも賛同していますが
実は行ったことはなかったのです。

今回、紅葉の避妊手術はこちらにお願いすることにしました。

電話でお話した男性スタッフは、とても怖そう・・・(笑
でも、このNPO団体に対して、驚くようなひどいことをする人間がいるようで
仕方がないのかもしれない・・・・と、思いました。

そして・・・いよいよ今日。
病院のスタッフはほとんどが女性で、みなさんきびきびと動き
とても感じが良い方ばかり!

お迎えに行ったときに、いろいろとお話が出来ました。

Q1.なぜ神戸市民優先なのですか?

 A.地域を限定した方が、数字が出やすいからです。
   ここで実績があがれば、他の自治体でも積極的に
   生殖制限に着手してくれるかもしれません。

Q2.優先順位を教えてください。

 A./生佑量醂蒜 ⊃生佑了瑤で 6疥抻堋村の野良猫 て瓜瑤でです。

Q3.お支払いするのは、手術費ではないのですか? 

 A.はい。ご寄付です。

もちろん、領収書はいただけます。

神戸市や近隣の市町村の方は、ぜひお願いしてみてはいかがでしょう?
まずは、電話で予約を。
但し、あくまで神戸の野良猫が最優先です。
わたしは今日の朝一で予約していましたが、神戸の猫の予約がふえたということで
一昨日になって「午後2時半になりました」と、言われました。
保護場所なども、PCでしっかり確認。
とても信頼できるクリニックだと思います。

場所は、山手幹線からだとローソンとジョリパスタの間の道を
2号線だと徳井の交差点を北上します。
道路の西側になりますが、すぐにわかりますよ。

金額は女の子8千円。男の子5千円。
ワクチンは2千円です。

たとえば、近所の野良猫が増えて困る・・・という方は
ご近所の方や自治会長さんなどとご相談なさって
こちらで生殖制限をしてくだされば、後々わずらわされる事が少なくなります。
神奈川県でも、こういった取り組みが行われ無料で生殖制限をしてくださる
団体があります。
財団法人どうぶつ基金です。
但し、こちらも期間限定で来年の1月上旬までだったと思います。

どうか良心的な獣医さんを探して、生殖制限にご協力を。
そして、良心的な獣医さんと手術のできる管理センターが増えることを
願って止みません。

 朝の紅葉


カンガルーの袋のような形のバッグに入って、わたしのお腹にひっついてます(笑


も「あそぼうでちゅ〜〜〜」
り「いやでちよっ!」

術後の紅葉


お腹の傷をなめないように、セーターを買いました。
でも・・・思ったより大きかった>紅葉さん
わが子は小さいと思う母の性(TT)


「気にしてないでちゅ」

クリニックのスタッフの方々にも「よい子」と大絶賛された紅葉です。
ス「具合が悪いのかと心配したくらい大人しいです!」

そうでしょう〜そうでしょう〜(≧▽≦)
いい子なんですよぉ←親バカ全開
大物なんです〜

ス「そ、そうですね。大物ですね♪」(≧m≦)

いよいよ・・・・里親さん募集です!
| kukka | お外の子たち | 21:34 | comments(14) | - |
紅葉は天真爛漫

 




明日、いよいよ避妊手術の紅葉です・・・


「でも、そんなのかんけーにゃい♪」

だれとでも気軽に仲良くなろうとするよい子です(笑
その気軽さに困惑するおにいちゃん&おねいちゃんず・・・


 



りんも無邪気な紅葉には、攻撃をしません。
どうやら人間たちの留守中に、桜に攻撃されているりん
トイレから出る時、廊下の曲がり角などで周囲を窺うようになったのは
桜が来てから・・・・
わたしが帰宅すると、俄然強気になって逆襲します。
その度に「りん!」と叱られて悲しそうに振り向く姿には胸が痛みます。
独占欲の強い桜は、ななを独り占め。
いつも仲間はずれになるりん・・・・

そんなりんを不憫に思ってか、なんとなく敬意を表す紅葉。
そうだよね、桜はりんちゃんにお腹を見せないでパンチするんだよね。

昨日は、うっかりわたしの存在を忘れた桜が、通りすがりのりんにパンチ。
叩き返そうとして、わたしと目が合ったりんはそのまま玄関へ・・・
「出て行くでちっ(>O<)」

りんちゃんが悪くないってわかってるのよ。
ね、機嫌直して♪

桜さんは1匹飼いがおすすめです。
ほんとうに独占欲が強いので、先住ちゃんはいじけちゃうかも。
そして、子猫の面倒はみたくないみたい。
シェルターでは、無抵抗の大人しい子だったそうですが
その反動でしょうか・・・・・

最初から、人と暮らしていたら・・・・
また違う性格だったのかもしれません。

すべての動物に温かい家庭を・・・・
| kukka | 里親募集 | 13:54 | comments(6) | - |
すてきなバナーをいただきました♪
 フロリダのヒロキオさんから、すてきなバナーをいただきましたラブ

ヒロキオ家の長女(?)エイジアさんが、ヒロキオさんにおねだりして
紅葉のためにと作ってくださったんです(≧▽≦)
ありがたいやら、うれしいやら!!

バナーがあってもページがなくっちゃ、宝の持ち腐れってことで
一念発起して、紅葉の里親さん募集ページも作りました。



猫紅葉もありがたい〜〜といっておりますが・・・・
一番ありがたい〜〜〜のは・・・・このお方(爆



「ヒロキオさん、エイジアおねいさんありがとうでちっ!
 これで、紅葉は新しいお家にお引越しでちねっ!!(≧m≦)ぷぷっ!」

ヒロキオさん、いつもほんとうにありがとうございます。

いつでも里親募集さんには、避妊手術後に掲載していただこうと
思っております。
みなさま、リンクのご協力お願いいたしますm(__)m

こちらもよろしくお願いします↓

  おばあさんと7ひきのねこ    
  ねこたちの里親募集ページ
| kukka | - | 22:44 | comments(8) | - |
紅葉です♪
 紅葉が、わが家に保護されてからもう1ヵ月半も経つんですね・・・
身体も態度も日増しに大きくなる健康優良児です(^m^)
あまりフォトジェニックな子ではないけれど(カメラマンの腕のせいぢゃ?)
性格の良さは、家族みんなで太鼓判です。

不思議なのは、放牧したその日から洗面所のトイレは決して使わなかったこと。
便秘か?膀胱炎か?と大騒ぎするわたしたち・・・・
しかし、彼女はちゃーんとみんなと同じトイレのトイレを使用していたのでした(笑
耳や頭にあった原因不明のかさぶたも完治。
物事には動じずマイペース。
でも、昨日はななのご飯を横取りした桜を追いかけてました。
一応、なな=おにいたん・・・って思っているみたい?
そういえば、桜が通りがかりにりんに猫パンチをした時も
抗議してました(笑
りん、よかったね(笑)あにゃたの味方みたいよ♪
そういえば、りんにお腹をみせたりするので
りんも紅葉のことは、嫌いでもないみたい(好きでもないけど(爆


おめめがちょっと吊り目なので、可愛くないのかしら?
あと黒目が小さいかな・・・・
愛嬌でカバーよ!(^×^)

最近出番の少ないこのお方・・・・

アクリル毛糸でたわしを編んだら、ベレー帽みたいになっちゃって(笑
ななさんに被せてみました(笑

おばあさんと7ひきのねこたち
そのねこたちの里親募集記事
| kukka | 里親募集 | 15:30 | comments(8) | - |
おばあさんと7匹のねこ
 わたしの住んでいる地域の独居老人の方のお話です。

捨てられていた猫を不憫に思い拾って・・・を繰り返しその数7匹。
もちろん避妊去勢をして面倒見ているけれど、自分自身の身体が弱って来てしまった・・・・
猫7匹のことを考えると、病院には行かれない。
なぜなら、入院にでもなれば猫たちの面倒を見る人が居ないから。
身寄りもなく、決して裕福とは言えない彼女の選択肢はたった1つ。
自分に万一のことがあれば、猫7匹を安楽死させなくてはいけない。
人さまに迷惑はかけられないし、猫たちを路頭に迷わすわけにも行かないから。

それを聞いたヘルパーの方が、意を決して「里親募集の代理投稿」を
なさると決めました。

預かりたい、保護してあげたい・・・・でも、わたいは最早いっぱいいっぱい。
地域でなんとかできればいいのだけれど
動物のことになると他人事なのはいずこも同じ。

7匹は、未ワクチン未血液検査。
経済的な理由で、ワクチンと血液検査は里親さんが決まったらする・・・そうです。
わたしの里親募集の常識とは異なりますが
それでも、出来ることなら「おばあさんと7匹のねこ」になんとか幸せになってほしいと思います。
里親募集ページがアップされ次第、こちらでもリンクしたいと思います。
いつもお願いばかりで申し訳ないのですが・・・・
どうか、おばあさんと7匹のねこたちの幸せなクリスマスを・・・・

おばあさんの猫のページ


| kukka | 里親募集 | 14:01 | comments(7) | - |
スコちゃんのこと
 心身ともに極限状態の一週間でした。
わたしがダメージを受けると、ねこたちも精神衛生上ダメージがあると
確信した1週間でもありました。
辛い思いをするほど、ここにコメントくださるみなさんの支えを痛感します。
みなさん、ありがとうございます。

 そんな1週間でしたが、実は心温まる・・・感謝し尽せない
救出劇もあったので、ご紹介させてください。

 神奈川県のとある公園に、野良猫たちが住んでいました。
気まぐれにえさをあげに来る人、捨てに来る人・・・・
近所の住人は気にも留めずにいたようです。
 ところが、ある日折れ耳のスコティッシュが捨てられて
そういうわけには行かなくなりました。
なぜなら、そのスコちゃんはカラスたちにいじめられるからです。

カラス達は、なぜかスコちゃんを囲んで輪になり
くちばしで代わる代わる攻撃します。
見かねた道行く人が追い払えども、いつのまにかカラスに囲まれる
スコちゃん・・・・
通りを歩く人に親しげに寄っていては鳴きながらお腹を見せるスコちゃん。
野良猫たちの仲間にも入れず、独りぼっちのスコちゃん。

その話を聞いて、わたしは切なくなりましたが
あまりに遠くて、どうすることもできません・・・・

 桜を救出なさったのはnyagasunsunさんのほかに、もうお一方
Kさんとおっしゃる方です。
Kさんはインターネットはほとんどなさいませんが、オフラインで
猫のために精力的に動いていらっしゃいます。
思い余ったわたしは、Kさんにこの事を話しました。
すると
「その地域なら知っています。地元のボランティアさんに相談して
 救出しましょうね」
と、おっしゃってくださったのです!
スコちゃんは、とりあえず預かってあげますよと・・・・
これだけでも、とんでもなく大変でありがたいお話です。

 当日・・・・「スコちゃん無事保護」のお知らせと共に
またまた、とてつもなくありがたいお話が・・・・・

 スコちゃんは風邪を引いているものの、とても愛くるしい子で
人にもよく馴れているので、すぐに里親さんがみつかるでしょうから
ボランティアさんのお宅で風邪を治療しながら里親さんを探してくださること。
 その地域は生殖制限をされていない野良猫が多いので、数回にわけて
生殖制限をしてくださること。
 そして、それらの費用はボランティア団体が支払ってくださること。

「ですからね、私はこの件はボランティアさんたちにお任せして
 お言葉に甘えようと思うのよ。だから費用のことも心配しないでね。
 それでいいですか?」と、Kさん。
せめて、何かお礼を・・・というわたしに
「そちらの団体はね、地道に活動をなさるから
 名前も伏せて欲しいっておっしゃってます。
 だから、なにもお教えできません。信用できる方々ですよ。
 なにも心配しないで、お任せしてね。」

ありがたいやら、恐縮するやら・・・・
そして、
「教えてくれてありがとう。
 もし、あなたが教えてくれなければスコちゃんどころか
 ここで野良猫が繁殖して大変なことでした。
 教えてくれてよかったわぁ〜」

遠く神奈川で捨てられたスコちゃんの話が、関西に飛び
そこから、もう一度神奈川に戻って、たくさんの子が救われる・・・
ほんとうに不思議なご縁を感じると共に、Kさんとボランティアさん達に
心から感謝します。
ボランティアさんたちが快く救出してくださったのもの
Kさんのご人徳に尽きると思います。

スコちゃんを捨てた方、なぜそんなことをなさったのでしょう?
あと一足遅ければ風邪で亡くなっていたかもしれません。
道行く方々は、ご自分たちの街で起こっていることに
あまりに無関心ではありませんか?

わたしも含め、もっともっと自分の街で起きていることや
状況などを把握して、いろいろな角度から視線を投げかけていくことが
動物だけでなく、子供たちをも守り救うのだということを
もっと認識しなくてはいけないなぁ・・・・と、思います。
人が、自分の暮らす地域に無関心でなくなれば
恐ろしい事件や悲しい事件も、きっと減っていくのでしょうね。

Kさん、ボランティアさん、ほんとうにありがとうございました。
心から感謝しています。
| kukka | お外の子たち | 16:14 | comments(8) | - |
いろいろありがとうございます。
 先日のトロちゃんの記事へのコメントやメールをありがとうございました。

泣いてばかりいてはダメですよね。
でも、ほんとうに「あと1匹なら預かれる」と言った言葉が
悔やまれます・・・・
ほかにも、悔やまれることばかり・・・・
ほんとうに申し訳ないことをしてしまいました。

 メールを下さった方に、お返事書いていますが
その中で「預かりって何をするんですか?」というお問い合わせが数件あったので
預かりについて、お話しますね。

 預かりさんというのは、お外の子で人馴れしていて
人間と暮らした方が明らかに幸せな子に里親さんがみつかるまで
預かる・・・という単純なものです。
また、シェルターの中にいる子に家庭での暮らしを体験してもらって
里親さんとスムーズに新生活を送れるようにする・・・時もあります。

 誰かが1匹預かれば、お外の子が1匹減る・・・
シェルターなら、預かりさんによって空いたスペースに新しく保護猫を
入れてあげられるのです。

NPO団体などで募集している場合は、病院などにかかる費用などは
団体で負担してくださる場合が多いので、消耗品(ごはんやトイレ)と
お世話にかかる時間や手間(?)などが預かりさんの負担になります。
 初心者の方や、動物と暮らしてみたいけど・・・という方は
こちらがお勧めだと思います。
誰かが預かれば、もう1匹お外の子が減って中に入れるのです。
それから、「どうしても無理みたい」という時は団体の方が
速やかに引き取ってくださるそうです。
少し不安があるなら、こちらが良いと思います。

個人でする場合は、ケースバイケースだとは思いますが
全てが自己負担になります。
お家の子と同じように、病気になれば病院にも連れて行かなくては
なりませんし、「1匹増える」と考えた方が賢明です。
そして、期限がありません。
つまり、いずれは里親さんの元に巣立って幸せになるけれど
それがいつかは、本猫と神のみぞ知る・・・・という感じです。
それまでは、わが家の猫が増えている・・・・状態です。

これが、わたしの家では預かりは「2にゃんまで」の理由でもあります。

 最初は、どこかきちんとしたシェルターから1匹預かるつもりでした。
ところが、nyagasunsunさんのところで緊急に保護しなくてはいけない猫たち
がたくさんいると聞いて
「では、1にゃん」と言ったのですが・・・
別の子の預かりを希望していた方が、子猫がほしいとおっしゃって
その子が浮いた状態になり、2にゃんダメですか?ということになって
家族会議の結果
「2にゃんまで。絶対に2にゃんまで。うちの子の数を越えないこと。」と
取り決めたのでした。
ところが桜以外の子はみんな、わたしが「預かります」と言うと
里親さんが決まる嬉しいジンクスが出来たので、わが家はずっと桜だけ。
ビントロちゃんのお話を聞いたときも
「どちらか1にゃんなら預かれるよ」と言ったのでした・・・・
2にゃんとも・・・と言えなかったことに心を痛めています。

時々「預かるなら1匹も2匹も同じ」とか
  「預かりを渋る旦那なんて別れてしまえば」とか
  「アトピーなんて関係ない。慣れれば平気だ」などと
乱暴なご意見も見受けます・・・・
でも、わたしもnyagasunsunさんもそうは思えません。

結局、nyagasunsunさんもご主人の反対を押し切り1匹を預かることを
わたしも、家族の負担を無視して2匹を預かることを躊躇しました。

今回、どちらの家族も心が深く痛んでいます。
そして、nyagasunsunさんのご主人は、ビンちゃんをお家で預かることを
承知なさったそうです。

世の中に預かりさんが増えてくだされば、保護される子も増えていきます。
生殖制限が隅々まで行き渡れば、不幸な犬・猫は確実に減っていきます。

「動物と暮らしてみたいけれど、どんな暮らしか不安」という方は
まずは預かりさんをしてみてくださいませんか?
預かりをしてみて、自信が持てたら・・・
いつか里親さんになってください。
また、里親は無理だけれど、預かりなら・・・と言う方も
ぜひ、立候補してくださいね。
こちらは立候補すれば、当選確実です。
ただし、最低限のルールやマナー常識などは、もちろん必要です。

NPO団体と一口に言っても、大きさや趣旨も異なれば
それぞれの団体によって活動は千差万別です。
そして、大きな団体でさえ常に動物でいっぱいだそうです。
結局は個人でTNR活動をしたり、えさやりをしたり
みんなが少しずつ自分の出来ることをしていく地道な方法でしか
動物のためにできることはないのが現状です。
預かりというのも、その一部だと思ってください。
(全体から見ると、ほんとうにささやかなことでしかないのです・・・・)
もちろん、お独りでそれをすべてなさっているchoiwaru101さんのような
素晴らしい方もいらっしゃいます。

ほんとうは、国や自治体がドーンと動いてくれるといいのですが・・・
それから、芸能人などセレブリティと言われる人たちが
公の場で、声を大にして生殖制限の話をしてくれるとか・・・・


厳密に言うと、わが家では2にゃんがうちの子(なな・りん)。
1にゃんは預かりの子(桜)。1にゃんが保護猫です(紅葉)。
でも、違いは全くありません。
どの子も同じです。
ただ、桜と紅葉はいずれ巣立って行く子・・・・
桜の里親さんは、わたしの独断でなくnyagasunsunさんのご判断を仰ぎ
紅葉の里親さんは、わたしの判断で決める・・・・くらいが違いでしょうか・・・
でも、きっと紅葉の時も「どうしよう?」って相談すると思うから
結局は同じかもしれませんね。


猫に限らず、動物の預かりや保護は大変ですが1度やってみると
次には、少しだけ勇気や知恵が付き(気が大きく(?)
ちょっとうまく出来るようになるから不思議です。
桜が来てくれたお陰で、わたしもいろいろな事に気付いたり
学んだりさせてもらいました。
桜にもnyagasunsunさんにも感謝しています。


今回、頂いたメールが全て温かいお言葉や
預かりさんを前向きに考えようとしてくださるメールで
とても嬉しく、そして救われました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

どの子にも、すてきな家族を・・・・
トロちゃんのご冥福を心からお祈りします。
ほんとうにごめんね。
そして、行き場のない猫を保護することに嫌な顔一つしない家族にも
心から、感謝します。
| kukka | - | 17:21 | comments(8) | - |
びんちゃんその後
びんちゃん、nyagasunsunさんに保護されてお家に入れてもらえました。
今回のことで、ご主人の許可がおりたそうです。
取り急ぎ、ご報告まで。
| kukka | - | 00:31 | - | - |
ビントロ姉妹と茶トラ兄弟
 どうしても書いておかなくてはならないことが。

 nyagasunsunさんがえさやりしているビントロ姉妹。
なぜかトロちゃんが行方不明になり、昨夜から隣のマンションの9階屋上に
いるという連絡がありました。
保護できると思っていました。
ところが、トロちゃんは屋上から飛び降りてしまいました。
いま、マロンちゃんの預かりさん宅できれいにしてもらって
虹の橋を渡る準備をしています。

 虐待の疑いも捨て切れません。
まだ、たった8ヶ月。避妊手術もして、里親さんを待っていました。

 お母さんの梅ちゃんは、本能からか子離れ宣言をして
餌場を娘2にゃんに譲り、自分は離れた所でひっそりと暮らしています。
姉妹で肩を寄せ合って生きていました。

 そのトロちゃんが、何者かに9階の屋上に閉じ込められ
飛び降りたのです。
わたしもパニックですが、nyagasunsunさんとマロンちゃんの預かりさんは
もっともっと・・・もっとだと思います。

昨日、「ビントロまとめて預かるよ」と思わず口から出ました。
トロちゃんが行方不明で、とても不安で・・・・
みつかったら、そうしよう!と勢いいってみたものの
nyagasunsunさんのお家は横浜。
そして、わが家はいま満杯・・・・
りんとkykyのことを考えると、もう限界は超えている・・・

そんな迷いが、こんな事態を招いたのかと思うと
情けないし、申し訳ないし・・・・・
トロちゃん、ごめんね。
悔やまれます。情けないです。
nyagasunsunさん、ごめんね。

残ったビンちゃんの預かりさん、または里親さんを緊急募集します。

どうか、ビンちゃんを預かってくださいませんか?

いつもこのブログに遊びに来てくださるみなさま、
このことを多くの方にご紹介くださいませんか?
みなさんのおうちは、もうすでに猫ちゃんがいらっしゃると
分かっています。
ですので、「飼ってみよう」とか「預かってみよう」という方に
ぜひ、お伝えくださいませ。

にくきうさんのお知り合いがえさやりをしている
茶トラ兄弟も、同じように2にゃんで肩寄せあって
生きています。

どうか、この子たち寒さを凌げる・・・・そして危険のない場所を
提供してくださいませんか?

ビンちゃんと、茶トラ兄弟に預かりさん(里親さんを)
お願いします。

パニックと熱で、変な文章かもしれません。ごめんなさい。


昨日から、高熱が出てヘロヘロなので
コメントへのお返事、ちょっと待ってくださいねm(__)m

| kukka | - | 12:44 | comments(15) | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2007 >>



 初島の猫の里親さん募集バナー2.jpg


 ←click here



このページの先頭へ