kissa*almanakka | 猫のてんかん

kissa*almanakka

猫の癲癇
 ここしばらく、ななは発作を起こしていません。
少なくとも、家族の在宅中には起きていませんし
留守中にもそれと判る形跡はありません。

 フェノバルビタールを朝晩飲んでいて、その血中濃度が安定していること。
肝臓への負担を考え飲んでいるタウリンにも癲癇の抑制効果があり
相乗効果が得られているのかもしれません。

 それでも、低気圧にはひやひやします。
電磁波も悪影響と判り、しかしながらこれからの季節を
自然の風で乗り切れるほど、恵まれた環境にはおらず・・・・

 発作は、見ている方は身を引き裂かれる思いです。
でも、当の本猫は発作中は意識がないので辛さはないのだとか・・・
ただ、相当の運動量なので内臓(心臓)へのダメージが懸念され
だからこそ、発作を抑えることに意義があるのです。

パスワード忘れちゃって、更新しないうちにやり方まで忘れちゃった
ほったらかしのページですが・・・・

『猫の癲癇』NEXTで進んでいくと最後に、頼もしい癲癇ファイターズのリンクページ
ありますので、興味のある方はどうぞ・・・・・

あなたの猫さんの癲癇発作が抑えられ、日々穏やかに暮らせますように。
| kukka | 猫のてんかん | 15:30 | comments(10) | - |
低気圧です(−−#
 昨日、どっぴーかんのお天気なのに耳が塞がる!!と思っていたら
今日は朝から雨です雨
実は、一昨日・昨日と連続で頭痛薬のお世話にもなっています病院

 関東に移動すると思われる低気圧強風
関東方面の方々、お気をつけ下さいませ〜〜〜m(__)m


にゃんズのみにゃさま、ゆっくりまったり過ごしてにゃ猫
| kukka | 猫のてんかん | 12:55 | comments(2) | - |
猫の癲癇 掲示板
 老猫介護の掲示板に、「猫のてんかん専用(?)掲示板」が
できたようです。
 所長は、タイピィさん家の桃ちゃん。

 てんかん発作は、激しいし突然起きるので
介護人は、小さなパニックや引き込みりになりがちです。(経験者(^^;

 みんなで助け合える掲示板ができて、よかったよかった♪

 掲示板はコチラ

てんかんでもがんばるみなさんのサイトは以下

空色猫目亭別館
boogiemonologue
気まぐれミミと暢気な毎日〜猫バカ日誌〜
水頭症の猫、桃の記録
飼育日記「ホッキョククマ・ピース」

てんかんお役立ちサイトは↓

犬と猫のてんかん読本〜第二版〜         
winjp.com猫の病気 〜脳・神経の病気    
渡辺動物病院 「発作の分類」
猫の病気大辞典 猫のてんかん発作        
犬と猫の発作の診断と治療            
Petit・Latte 猫の病気〜てんかん〜
てんかん・痙攣発作(注:人用)
猫自然発生癲癇のタウリン治療                      

なな「心強いでし・・・」
桜 「あたしの顔が写ってにゃいでしゅよっ!」

まどろむななの写真を撮ったら、陰に桜もいたのでした(笑

「ななが、いい夢見るように見張ってるんですにゃ!」
・・・・ホントかな?(笑
| kukka | 猫のてんかん | 14:43 | comments(4) | - |
湿度か、気圧か・・・
 今朝、kykyのお弁当を作っていると
「だれか、廊下でう○ちしてるみたい・・・」
ええ?

 廊下では朦朧とした様子のなな。
唾液のあとと、排泄物。ななのお尻からはその続きもΣ( ̄□ ̄;)

発作です。

幸い、とても短くすぐに治まったので
一先ず、様子見です。

その後、発作は起きていません。
ちょっと便がやわらかめだったことが気掛りですが・・・

坐薬も常備してあるので、だいじょうぶ。

気圧の谷が近付いているのでしょうか・・・


「ななしゃん、だいじょーぶにゃ?」


「ちょっと〜、あの子ったら特等席を独り占めしてるでちよっ!」


「うるにゃーーーーーいっ!」

桜にゃん・・・最近ちぃっと強すぎでわ?(笑
| kukka | 猫のてんかん | 13:46 | comments(6) | - |
猫の癲癇・生活編
癲癇発作の引き金になるもの(こと)って
なんでしょう・・・?

色々考えて一つ、確信していることが
あります。

低気圧。
奴が近付きつつあるときは用心が必要です。

気圧の変化が絶対に悪影響を
及ぼしているはずなのです。

たとえば、高い所への移動。
人間の耳がキーンとなったら要注意です。

通り雨、気圧の谷、台風。
こんな時は、発作が起きやすいのです。

そんな時は・・・
出来るだけ、屋内の湿度や温度を
一定に保ちます。
大きな音・普段聞きなれない音にも注意。

それから光。
ポケモンというアニメで癲癇発作を
起こした子供がいた事件、ご記憶にありませんか?
当時は他人事でした(ゴメンナサイ)
でも、光に反応することがしばしばあるようです。

出来る限り、これらの三拍子が揃ってしまう・・・
なんてことのないようにお願いします。

また匂いに敏感な子もいるかもしれません。
ななはりんに比べて匂いに反応します。
またたびの匂いも嫌いな子なのですが・・・
ローズマリーやティートゥリー、ユーカリなども
苦手です。
なので香水、芳香剤は控えめに。
できればなしで。

それから食事。
フェノバルは肝臓に悪影響を
及ぼす恐れがあります。

肝機能を正常に保つためにタウリンを摂取しましょう。
肝臓サポートの食事は「マズイ」ようです(なな談)

sinoccoさんのびびちゃん同様、ななも埋めます。
最悪なのはびびちゃんは「埋めるフリ」ですが
ななはそこらから布を持ってきて本当に埋めます。
正しくは隠します。

確かにクチャイ(ToT)ですが・・・

食事で摂取が難しければ粉末のタウリンを
ウェットなどに混ぜます。
最初は当然、ラマダンが始まります。
が、しかし負けてはいけません。

慣れれば美味しそうに食べてくれます。

また、留守宅でのお留守番時に発作が起きたら・・・
を念頭に、外出時はベランダなどへの出入りは
出来ないようにしましょう。
室内は万一の発作の痙攣で
落ちる物、倒れる物のある部屋へは進入禁止に。

帰宅したら床を見てください。
発作が起きたか確認するためです。

‐欧凡靴箏豈奸尿の痕跡がないか。
 発作の時は涎が垂れますし、痙攣の反動で爪などが
 割れて出血することも。失禁することもあります。
∨槐の口の周り、肛門の周囲なども
 確認してください。
 確認は、視覚・嗅覚・触覚でお願いします。
 涎が出ていれば乾いてガビガビに・・・
 トイレに何もないのに尿臭や排泄の跡があれば
 発作かもしれません。

それから多頭飼育の方は
相方が非難できるサークルなどを置いてあげると
いいかもしれません。

りんはななの発作に怯えます。
留守中にななが発作を起こしたらしい時、
りんは帰宅したわたしの元へ
すっ飛んできてみゃあみゃあと報告してくれます。
お礼を言うことと、出掛けにお留守番の
お願いは、欠かしません。

発作を起こしている子も、見ている子も
不安なものです。

それからお水。
万一、発作の勢いでこぼしても予備があれば
安心です。

長くなってしまいました。。。
なんだか解りにくいかもしれません。
ごめんなさいm(__)m

次回は発作の対処方法を

「ごろんごろん寝ようっと」なな

「今日はこの子と寝ようっと」りん
| kukka | 猫のてんかん | 02:25 | comments(6) | - |
猫の癲癇と薬
 今日は、薬のタイミングについて
書こうと思います。
 
投薬の時間は発作が完全に治まるまでは
必ず決まった時間に与えます。

血中濃度を平均して保つためです。

できれば一日三回。
無理なら一日二回。

わたしは一日二回投薬しています。

途中、仕事の都合で4時間ずらした時に
一度、発作が起きました。

それ以来、誤差は一時間以内に抑えていました。

最近は少々のズレは大丈夫になりました。

一番こわいのは、独断で投薬をやめること。

知人のわんちゃんが癲癇です。
彼女は健康の為に薬を中断して
ハーブで治療中です。
時々、軽発作はあるそうですが大丈夫だと・・・

ある猫専門の獣医さん
「フェノバルの恐ろしさ」を示唆した上で
「ねこによっては、投薬を止めても
 死ぬまで発作が起きない子もいる。
 一度止めてみて、もし起きたらセルシンで」
といわれました。

以上、二点を鵜呑みにして
一昨年の夏、投薬を止めました。
結果、大晦日の日に大発作に見舞われ
セルシンを勧めてくださった獣医さんに
かかりました。

発作は治まるどころか生死の境を彷徨い
いくつかの病院を経て
結局、もとの獣医さんでICUに入りました。

ファースト、セカンド、サード・オピニオンは
すべて「ファーストチョイスはフェノバル」
ただし、フェノバルの勝手な中止は
大発作を招く、というものでした。

実感しました。

いま、ほかの薬を飲ませている方も
どうか素人判断で中止はしないでください。

少しずつ減らしていって最低量で
発作を抑えることがベストだと思うのです。

獣医さんとよく相談して
ベスト量を決めていってください。

次回は生活編を・・・m(__)m

寝ても寝てもねむいにゃあbyりん
| kukka | 猫のてんかん | 09:44 | comments(4) | - |
わたしのもってるもの


ななは癲癇です。
そのお陰でわたしは癲癇のいろいろな知識を得ました。

最初はこの病気への無知が原因で
ななを苦しめてしまったことも事実です。

同じ轍を踏む人が少しでも少なくなること。

わたしもななもそれを望んでいます。

迷いましたが、いくつかわたしの「もってるもの」
つづりますね。



猫の癲癇に使われる薬
ファーストチョイスはフェノバルビタールです。

これには真っ向から反対意見を唱え
フェノバルの恐ろしさを訴える獣医さんも
いらっしゃいます。

その言葉に翻弄されフェノバルを止めたこともありました。

結果、再発した発作に勧められるまま
セルシンを使いました。

悪化しました。

セルシンはハッピーになれる薬で
坑鬱剤としても使われるそうです。
ハッピーになって食欲も増進するので
食べられない猫に投薬することはあっても
坑癲癇剤としては、猫には使用しないのが
一般的だということです。
ジアゼパムという薬も猫には使わないことが
一般的だそうです。
こちらも坑鬱剤、そして痙攣を抑える作用があります。

ジアゼパム、セルシン、ホリゾンなどは
同じ薬とみて良いようです。

わたしも最初は、迷いました。
いくつかの病院でお話を聞いて
獣医学の進んでいる欧米でも日本でも
『猫の癲癇のファーストチョイス=フェノバル』
という結論を受け止めました。

ななは 1/2錠/1日 のフェノバルと
    1袋/1日 のタウリンで
今のところは、肝臓にも影響なく
発作も抑えられています。

いま、癲癇のねこさんを抱えて
なやんでいる方の指針になれば嬉しいのですが・・・

もちろん、かかりつけの獣医さんに
頭ごなしに挑むなんて止めてくださいね。

でも、セカンドオピニオンも大切です。
たくさんの意見を聞いて
自分の子にモア・ベターな治療を探すって
難しいけれど大切だと思うのです。

アタシもそう思うにゃん・・・むにゃむにゃ・・・

りんさんはななにかかる莫大な治療費を気にしてか
病気もせずにがんばってくれています。
ありがとうね。

| kukka | 猫のてんかん | 17:57 | comments(8) | - |
雨と癲癇
 ここ数日、なんだかいやなお天気です。
低気圧がやってくると偏頭痛がはじまります。
最近は偏頭痛のお薬も進化してきました。
飲めばすぐに効果のあるものも・・・・

 低気圧はねこの健康にも密接に
関係しているように思います。

 発作がおきやすくなる気がするのです。

 今のところ、ななは大丈夫ですが
こんな天気の日はベッドから起きません。
いつもなら8時の朝食(ウェット)が待ちきれないのに・・・
 体調が悪いのかと不安になります。


ななは朝食が済むとベッドメーキングをした
ベッドにしか寝られません(笑
なにかのこだわりでしょうか?

でも食べなければいつまででもぐ〜だぐ〜だ。。。。


低気圧が通り過ぎて、いきなりピーカン天気になると・・・

中学生は揉め事が起こりやすくなります。
小学生は事故や騒ぎ、喧嘩が増えます。
なぜなんでしょう・・・・。

ななもそんな日に発作が起きたりします。

いつも変わらずマイペース


沖縄のネックレスの日記にたくさんの
コメント、ありがとうございました。

沖縄県、那覇市、観光協会にメールを送りました。
でもお返事はまだです・・・・。

最近、子供や動物など弱者が痛ましい事件に
巻き込まれる事が多いなあと思います。

そういう者達が守られてこそ暮らしやすい社会になるのに。

そんな素敵な社会へのヒントになりそうなサイトを
いくつかリンクさせて頂いてます。

ヒロキオさんがボランティアとして
通われているシェルター、日本にもほしいなあぁ。
| kukka | 猫のてんかん | 09:58 | comments(6) | - |
検査結果
昨日は、ななの検査の日だった。
一部結果は、連休明けに持ち越しだが
即日に結果の出た物もある。

TP値 7.0
GPT 22
ALP 130

肝臓の数値に問題はないそうで、ほっとした。
先月から、フェノバルの量が2倍弱にふえている。
1/2で1日に戻したい所だけれど・・・

体温を測られても、採血されても
じーっとまっているなな。
本当にいい子だね。
「こんな子いませんよ」と獣医さん。
ありがたです・・・

平日はきみこさんというベテランの看護士さんがいらっしゃる。
テキパキと仕事をこなし、全ての回転が速い方だ。

でも、日曜日は若い派遣の看護士さん。
数名いるが、その中の一人とは相性が悪い。

前回、散々待たせて投薬量を間違えたのも彼女。
謝罪の言葉もない。
治療費も間違えていて、先生は次回にお返ししますね、と
電話で仰って下さったけど・・・

今回の会計も彼女だった。
なので訂正はなし・・・
仕方ないけど・・・

多分、動物が好きじゃないんだと思う。
最初に、およそのわんちゃん・ねこちゃんへの態度を見て
「え?」と思ったことがある。
でも、獣医さんで働くくらいだから実際は動物好きだと思ったけれど
そうでもないみたい。

ふとした仕草に意地悪な感じがしたり
病気のわんにゃんへの態度が冷たかったり。
表情に、いやな感じが滲むのだ。

先生も、他のスタッフもいい方だけど、彼女にあたるのは考えちゃう。
結局、入れ忘れた分の薬をくれるでもなく
差額が戻ることもなく・・・まあ、10日分だけど。
でも、タウリンは高いのよね。

病院。。。。考えちゃうなぁ・・・

| kukka | 猫のてんかん | 13:39 | comments(7) | - |
病院
ななの薬(フェノバルとタウリン)は1ヶ月半の
処方のはずだった。
でも、タウリンだけが1月分しか入っていない。
これで二度目なんだなあ。
病院は、結構遠いし不便な場所だし・・・
色々あって、今度の日曜まで行けない。
タウリンだけ、ネットで購入したいのだが
それもちょっと不安。効き目が同じか判らないそう。
あるサイトの方の掛かりつけの獣医さんでは一包が
50円で買えるそう。
なんとも羨ましい。
我が家では、1ヶ月分でタウリンのみが6千円程度。
でも、近所の獣医さんではもっとする。
動物のお薬って、同じものでもすごく幅があるみたい・・・

りんは、いまのところ健康体なので獣医さんにはかからない。
それに、りんは獣医さんが嫌いらしい・・・

「わたしは、お留守番しとくわね。」

| kukka | 猫のてんかん | 10:22 | comments(4) | trackbacks(0) |
ななのご報告


 みなさんに、たくさん励ましていただいて
祈っていただいて、お陰さまでななは落ち着いた様子です。

 本当に、感謝の気持ちでいっぱいで、なんてお礼をいえばいいのか・・・
温かいコメントをたくさん頂いて、わたしもななも頑張れました。

 現在24時間、発作が起きていない状態です。
仕事と、看病で、ほとんど徹夜続きだった最近・・・

ななも落ち着いているし、もう寝ます。

本当に、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
| kukka | 猫のてんかん | 01:27 | comments(4) | trackbacks(0) |
ななの様子
猫昨日から、一つの法則が。
投薬一時間後に発作。
フェノバルが体に合わないって事?
それから体重の増加には、前にも触れたけど
やっぱりそれも一因かもしれない。
 そして、発作が起きるほどに食欲増進中!
選り好みなんて、まるでなし!
どうしちゃったんだろう?

 やっぱり、私の管理能力のなさが今回の発作の原因かも。
もともとの食事で落ち着いてたのに
「健康」をキーワードに、食事の改善をしてみたり
便秘になったからと言っては、慌てて元に戻したり・・・
その結果が体重増加。しかも便は結局、二日に一度。
挙句に、発作だ。

なにやってるんだろう?>わたし!

今日から、サンプルで試して好評だった
ピュリナワンのサーモン味。
手作りは、少しの間は念頭から消しておこう。

こんな風に、食事を変えるたびに、ほとんど手付かずのフードが残る。
タッパーは、そればっかりに使っている。
のらさんたちにあげようかな・・・いやいや、ずっと続けられるわけじゃなし。
やめておこう・・・・。
ボランティアの一時預かりさんなら、必要かな?と思うが
いきなり、残り物をどーぞって、失礼だし・・・。

ななりんさん・・・・あなたがたの嗜好の傾向を教えてくださいな。
シーバ以外でね。

 シーバの黒箱を好む子は、多いらしい。
味が濃いんだって!
 給食も、味付けを濃くすると残量が減る。
ある学校では、校長が「わしの歳でこんなもの食べたら
死んでしまう!」と、一口食べるだけで、捨てていた。

子供も、動物も濃い味嗜好なのね。

わたしは、薄味が好き。
お刺身も、あまりお醤油は使わない。
なのに、なぜか・・・ななりんもkykyも濃い味が大好き。

なんで・・・?

 わたしの食の管理能力が、やっぱり劣っているのかもしれない。
ネットで徘徊すると、みなさん素晴らしい管理能力の方ばかり。
猫から見たら、飼い主にも「当たり・外れ」があるんだろうな。
はぁ・・・どなたか爪の垢煎じて、分けてください。
| kukka | 猫のてんかん | 21:13 | comments(10) | trackbacks(0) |
ななの癲癇


一昨日、ななに数ヶ月ぶりの発作が起きた。
本当に、短かったし軽度だったけれど
一度起きると頻発する。
すぐに薬を飲ませて(その日だけ一錠多め)
様子を見たけれど、その後は発作はないようだ。
仕事をしている間の家の様子は全くわからない。
なるべく判るように工夫はするものの、完璧であるはずがない。
発作が起きると、涎が大量に出る。
床はぬるぬるになるし、ベッドなら汚れる。
でも、見落としているのかもしれない。

入院も考えたけれど、お医者様は大丈夫だろうとのこと。

職場でも手が空くと、ななのことを考える。
ライブカメラつけようかな・・・・真剣に思ってしまった。

動物は体調が悪くても、話せない。
留守中の苦しさや不安だって報告できない。

小さな命を預かる責任の重さをしみじみ感じてしまう。

子供が病気でも、帰りたいとはなかなか言えない世の中
猫の病気は、どこまで理解してもらえるんだろう?

みんな、私と同じ思いを抱えて暮らしているんですよね・・・。

専業主婦だって、いつも好きなだけ家に居られるわけじゃないし。
今この時間も、後ろ髪を引かれながら
にゃんこ(わんこ)にお留守番を頼む人、いるんだろうなあ・・・。

なな、明日はずっと一緒にいようね。

写真は、結局いつも一緒のななりん。
場所が変われど、また一緒。ガラステーブルは冷たいのかな?
| kukka | 猫のてんかん | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>



 初島の猫の里親さん募集バナー2.jpg


 ←click here



このページの先頭へ