kissa*almanakka | kukkaのぼやき

kissa*almanakka

御局様(※)になってやるんぢゃ!(笑
金曜日、職場の事務室に音もなく誰かが入って来ました。
「こんにちは」も「失礼します」も「すみません」もなく・・・
見れば二十歳前後の今時の女子。

わたし「なにか?」
女子 「ここぉ〜募集とかぁ〜してないんですかあ?」
わたし「(入塾希望か!)はい。しておりますよ。
    失礼ですが何年生でいらっしゃいますか?」
女子 「えっとぉ〜ここぉ塾ですよねぇ〜?」
わたし「はい。(ちょっと訝る・・・・」
女子 「バイトとかぁ〜募集しないんですかぁ?」

わたし「講師希望の学生さん?」
女子 「え?あ。はいぃ。」
わたし「ご専攻は?」
女子 「えっとぉ〜文系なんですけどぉ」
わたし「(専攻を聞いてるのに・・・)そうですか。
    授業は何が出来ますか?」
女子 「えっとぉ〜文系なんですよぉ」
わたし「(会話になってないよっ!)文系でも
    得意分野とか、あるでしょう?」
女子 「文系なんでぇ・・・・」
わたし「(質問の仕方が悪い?)文学部の何学科ですか?」
女子 「へ?えっとぉ・・・文系でぇ」
わたし「(オマエは壊れた機械か?)学科はなあに?
    日文科とか英文科とかあるでしょ?」
女子 「あ。えっとぉ〜初等教育っていうんですか?」
わたし「(あたしに質問するんじゃない!)そうなの?
    小学校の先生になるのね・・・」
女子 「え?あ?あぁ・・・・」

そこで上司を呼びに行く・・・・
上司は奥の教室で髭剃り&お昼寝中冷や汗

で、上司は彼女を連れて奥の教室に戻ること20分。ホットコーヒー

出てきた時には、今日の小学生の授業してもらうことになった!
は?研修もなしに?いきなり授業?
前代未聞ぢゃん?

ぶっつけ本番の授業のために、せっせと虎の巻を作る上司。

まぁ、ひどい授業だったようです・・・・
が、上司
「中3の授業とか、あの娘にやらせられないかなあ♪ラブ

勝手にどうぞ?
わたしに負担はかけないでくださいね。グッド

「いや、別に採用するわけじゃないし・・・・」

と、いいつつ昨日ニコニコと女子登場。
上司、嬉しそうに彼女同伴で講師に紹介して回る。
弱冠19歳!

挙句、
「明日から小学4年生やってもらうねーん。
 いろいろ協力してサポートしてあげて。」

はぁ〜〜〜〜〜?
頭がぱあのちととはちょっとお話できまちぇんよ!


なんで、わたしがサポートなんですか?

「自分、経験者だし、小学生の女子との接し方とか
 授業の進め方とかさあ〜教えること、いっぱいあるだろう?
 協力して準備とかしてやってな!!」
ちびまるこちゃんの花輪くんみたいな表情でへらへらと嘯く・・・

「いずれは中3とかやってほしいなぁ〜。
 中2と中1はクセあるからしんどいからねぇ」

はぁ〜〜〜〜〜????

そのどっちもあたしはやってるよ?びっくり

そもそも現中3は小6の時から手塩にかけて、唯一中学進学時に
よその塾に流れなかった学年なんですよ?
ここまでにするのに、どれだけ大変だったか解ってます?

やっとまともな学年が育って、とうとう受験を迎えようとしているんですけど・・・
それをあの女子に?

「子供好きだっていうからさぁ〜きっと楽しく授業するなぁラブ

ばっかぢゃないの?
これがね、公立の小中学校だったら
『みんな違って、みんないい!』んです。

でもね、ここは塾。
成績をあげる、志望校に行かせる、未来の夢を現実にしてあげるために
必死で授業をしているんです。
親御さんだって、そのために安くない授業料を払ってるんですよ汗

「やっぱ、女は可愛かったらいいねん!
 顔と性格がさラブ素直で男の言うこと聞く娘が一番いいなぁ」

だから、オマエのお気に入りはワースト1の公立高校も落ちて
これ以上下がない偏差値と生活態度の学校しかは入れないんだよ・・・

「あ。いじめないでよ。可愛いからって。ムフフフフフ(意味不明の爆笑」

では・・・・
今から生徒とロリータちゃんのお世話をしに出勤します・・・

ええ、そうですとも。お局になってやりますわ楽しい

Σ( ̄□ ̄;)

※御局様:職場で勤続年数が長く、特に同性の同僚に対して力を持っている女性のこと。
| kukka | kukkaのぼやき | 14:40 | comments(8) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>



 初島の猫の里親さん募集バナー2.jpg


 ←click here



このページの先頭へ