kissa*almanakka | kukka

kissa*almanakka

ヘンリー・ミラーとヘンリー・ムーア
 ヘンリー・ミラーとヘンリー・ムーア。
確かに名前は似ています。

 ミラーさんはアメリカの作家。
北回帰線や南回帰線を書いた人です。
 ムーアさんは、イギリスの芸術家。
モニュメントなどを数多く造った人です。

 なぜ、いきなり・・・・?

はい・・・・またもやすっとこさんが話題を提供してくれました。

興味のない方はスルーでお願いしますm(__)m
続きを読む >>
| kukka | kukka | 14:55 | comments(7) | - |
お別れ
 甲子園は高校野球が終わると秋になります。
急に、朝夕涼しくなり空も高くなったようです。

そして・・・

初夏の頃から、我が家のベランダにはクモさんが
住み始めました。
蜘蛛と天道虫は益虫です。

ダニやら蚊やら、その他諸々の害虫を
食べてくれます。
なのでこの2種は、みつけても知らん顔しておきます。

クモさんも植木を置いている棚に巣をはり
毎日、元気にくらしていました。

えさはあるのでしょうか・・・・?
きっとあるんですね。

ところが今朝、そのクモさんが居ないことに
気付きました。一体、どこへ?????

巣は上部が少し残っていますが、“張ってある”という
状態とは程遠い感じです。

お引越しをしたのか、夜半の大雨で避難したのか・・・

さみしい限りです。

また来てね。

湘南ベルマーレ
以前はベルマーレ平塚と言ったんですよ。
いつの間にか、湘南に・・・・
言わずと知れた中田英寿選手の古巣でもあります。
実は昔、近所に住んでいたサッカー少年の大本忠輝くん
こちらのチームの選手でした。
幼稚園の頃から頭角をあらわし、センスが違う!と
地元でも大評判の神童でした。

当時はサッカーは野球よりもマイナーで
野球は小学校ごとにチームがありましたが
サッカーは地域の有志の手で運営されていたように
思います。

わたしは、いつか男の子を生んだらサッカー選手にしよ!
と思っていたのですが・・・(^^;)

活動の場は平塚や厚木が多いようです。
でも、同じ湘南のよしみで・・・・

応援の帰りに鎌倉付近を通る方がいらしたら・・・
にくきうさんゴロンちゃんを探しています。
ここにコメントしてくださっても構いません。

どんな小さなことでも・・・情報をお待ちしていますm(__)m
| kukka | kukka | 12:14 | comments(4) | - |
東奔西走
 湘南でねこのためにご尽力なさっている
にくきうさん

 いつも不幸なねこのために東奔西走
彼らを幸せなねこに変えていらっしゃいます。

 そのにくきうさんからSOS。

ゴロンちゃんの里親募集をなさっていますが
もう涙なしには読めない内容です。

 わたしの実家でも母が散歩仲間に聞いてはいますが
なかなか里親さんはみつかりません。
(大体、犬仲間だもんね・・・トホホ)

 お母さんとお姉ちゃんズ三人と暮らす中
お姉ちゃんの一人はお星様に。
 捕護されて去勢手術を受け
気が付いたらお姉ちゃんもお母さんもいない・・・
いまのゴロンちゃんはそんな気持ちだと思います。

「いったいなんなの〜〜〜(>O<)」

ごめんね。ゴロンちゃん。
人間の身勝手でわけのわからない状況にしてしまって・・・
ひどい飼い主もいたものです。。。。

でも、にくきうさんたちに保護されたからには
大丈夫だよ!!

どうか、ゴロンちゃんが落ち着きますように
すてきなご縁がありますように
よろしければリンクなどして頂けると
うれしいですm(__)m

 りんも同じように4きょうだいで捨てられていました。
勤務先の小学校の子供達が学校に連れてきて
彼らの無責任な担任教諭に押し付けられてしまいました。
 その時は3にゃん。
必死で里親さんを探し、猫騒動も落ち着いた時
校庭のはしっこで眠るように亡くなっていた
りんたち3にゃんにそっくりな子猫。
きょうだいたちの匂いを追ってきたのでしょうか?
同じきょうだいで明暗が分かれてしまったのです。
3にゃんも4にゃんも一緒だったのに!
辛い思い出です。


 さて!最近はじめた「小6・中1共通言葉テスト」
、∨暸∩  □にあてはまる漢字を答えよ。

 珍解答の数々・・・・

 南奔北走・上奔下走・右奔左走・往奔往走

国語力向上をめざして始めたこの小テスト。
最近は、わたしの趣味になってきています(笑

□鳥□月を 「星鳥日月」と答えた
素敵なセンスの持ち主も!
◎をつけたい気持ちをおさえつつ×なんですが・・・

「あたしは春暁がすき」りん「春にかぎらないにゃん」なな
| kukka | kukka | 08:45 | comments(4) | - |
ベランダ大(?)作戦
以前、金のなる木が咲いたと喜びましたが
咲いてはいけない金のなる木。。。。トホホ(TOT)

ほかに毎年咲くのはこれ

小さな葉を数枚もらって土に刺したら
今では全ての鉢に勢力を伸ばしていきます。

我が家のベランダの特徴は
『植えてもいない植物の宝庫』だということです。



記憶にないものばかり。。。。。ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
鳥が運んでくるようです。
そして彼らは非常に強いのです。
ぎゅうぎゅうに増えて排水溝の土にまで根付きます。

結局、株分けして新しく鉢を買ってきて
そこに植え替えるのです・・・雑草を・・・・

でも、ミントだったりしたら嬉しいでしょ?

ただ、お店のミントとちがってデカイので
食する気にはなりませんが。。。
kyky曰く「ってゆーか、もともと鳥の○○やんね?」Σ( ̄□ ̄;)あうっ
もともとは、ミントです!

さて、植え替えるとこんなにかわいいんですよ!

それなりに片付き、緑もあるのに
なぜかあかぬけないこのベランダ。

わたしが目指すすばらしいルーフバルコニーを
お持ちのMayu-☆さんにSOSしてみました。

この垢抜けないベランダの理由・・・・

それは「雑草の鉢植え」かもしれないらしいのです。

!!!言われてみれば!その通り(ノTдT)ノ

夏までにこの雑草ガーデンをなんとかしよう!と思います。
めざせMayu-☆邸!

で、この雑草はどうしたらいいんでしょう?(TOT)




| kukka | kukka | 13:25 | comments(6) | - |
光陰矢のごとし
なんだか、あららら・・・と言う感じで
一週間が終わってしまいました。
ななが鼻血をだしたり、いよいよ中三の生徒達が受験だったり、
kykyが晴れ舞台に向かって邁進ちうだったり。
その間に、エンジェルズ(含むkyky)の通院だ〜なんだと。

先週の日曜日に見たテレビ番組。
ドキュメントだったのですが本州で唯一の鶴の飛来地の
お話でした。

村人達は野生の生態を決して壊さないように
ひたすら陰になり・陰になり(日向はありません)
鶴を支えるのです。
「ああ。これが自然との共存なんだなあ!」
涙が止まりませんでした。
山口県の八代(だったと思います)のお話です。
本当に民話のような世界でした。

さて。ご心配戴いたななですが
すっかり元気です!!
あいかわらず『やりっぱなし』のkykyが
こたつで食べたお寿司のお皿にこたつ布団を
掛けてくれるなど、気配りも絶好調です!
一体どうやってふとんを引っ張りあげたか
謎です・・・・(TT)

な「いいことすると気持ちがいいにゃ」
k 「・・・・」

その布団を洗おうと洗濯機に入れていると
お節介りんが一緒に洗濯機に入り込みました。
時間がないので止めていただきたい!
でも、スタートボタンを押すという
強硬手段には出られないわたし・・・・

では、先にゴミ捨て!と思えば先回りして
エレベーターホールにしゃしゃりでるりん嬢。

あのね・・・・Σ( ̄□ ̄;)

いらんことしい(関西では余計なことをする奴を
こう呼びます)のりんは、先日も買ったばかりの
kykyのPSPのイヤホンを食べちゃったばかり。
もちろん、すぐにげぇ〜してくれるので
手がかからない子ではありますが・・・・


り「にゃんか御用?」
k 「ある意味、御用!です」
| kukka | kukka | 21:12 | comments(7) | - |
ねこは炬燵で丸く・・・ならない?
ゆ〜きやこんこ♪あ〜られやこんこ♪の歌の中に
「ねーこはこたつでまるくなる!」という歌詞があります。

以前、我が家にいた犬のみいちゃんは
ファンヒーターの噴出し口に顔面やお尻をくっつけて
眠っていました。鼻が乾くのでその度に、病気ではないか!?と
大騒ぎでした。
床暖をつければ虎の皮のごとく・・・体が伸び広がります。

なので「猫はもっと寒がり!」と信じていましたが
ななは、ほどほどに寒がりです。
「燃えちゃうよ〜(><)」なんてシーンには出くわしません。
りんは、みいちゃん並みの寒がりです。

さて、我が家に初めて「炬燵」なるものがやってきました。
最近は床暖の普及で、炬燵は全く売れないとか・・・。
家電屋さんが嘆いていらっしゃましたが・・・・
その時代の流れに逆行して今更の炬燵です。

なぜか?
ことの発端は、火鉢でおもちをやきたいねぇ・・・
私のそんな発言から、一人用の火鉢もどきを購入したのです。
すると・・・・
「これ、テーブルの上でやっても風情がないねえ・・・」
「うん・・・・でも何の上で?」

kykyはおこた経験が、まったくありません。
生まれた時から床暖世代です。

私も、幼少の頃に祖母宅で経験しているくらいです・・・・。

火鉢→ふくれたお餅→サザエさん家(@@)

おお!!!おこただ!!!!

最近はおこたも結構おしゃれでびっくりしながら
我が家に初おこたが登場したのです。

kyky・・・これ、危険だよね!燃えるよね!!
     赤いとこに足とかりんとかの毛がついたら
     大惨事やんね???
     絶対、スイッチの確認しなあかんね!!
なな・・・なにやら危険ぽいでちね・・・・
     ぼくは、ここには入らないでち!
     この布団のすみっこで。。。。
     あ!なかに何かいて動くから楽ちいでちね!!
     えい!!やあぁあっ!!(あの・・・みんなの足です・・・)
りん・・・にゃあに???にゃあに??
     暖かいの?
     この真っ赤ランプの下で大の字になっちゃおっと!!
     う・・・あ、あぢいよ・・・・
     これは腰から下だけでよくってよ!



そうです。りんちゃん・・・あなたが正解です。
炬燵とはそうやって使うものです。

・・・でも・・・でも・・・なんで中に入って丸くならないの?
kykyにふったら「なにその歌?」

少し前、「甍」の意味が子供に解らないと
こいのぼりの歌が小学校の教科書から消えました。
つぎは「こたつ」か・・・・(−。−)

| kukka | kukka | 14:48 | comments(2) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>



 初島の猫の里親さん募集バナー2.jpg


 ←click here



このページの先頭へ