kissa*almanakka | いろいろありがとうございます。

kissa*almanakka

<< びんちゃんその後 | main | スコちゃんのこと >>
いろいろありがとうございます。
 先日のトロちゃんの記事へのコメントやメールをありがとうございました。

泣いてばかりいてはダメですよね。
でも、ほんとうに「あと1匹なら預かれる」と言った言葉が
悔やまれます・・・・
ほかにも、悔やまれることばかり・・・・
ほんとうに申し訳ないことをしてしまいました。

 メールを下さった方に、お返事書いていますが
その中で「預かりって何をするんですか?」というお問い合わせが数件あったので
預かりについて、お話しますね。

 預かりさんというのは、お外の子で人馴れしていて
人間と暮らした方が明らかに幸せな子に里親さんがみつかるまで
預かる・・・という単純なものです。
また、シェルターの中にいる子に家庭での暮らしを体験してもらって
里親さんとスムーズに新生活を送れるようにする・・・時もあります。

 誰かが1匹預かれば、お外の子が1匹減る・・・
シェルターなら、預かりさんによって空いたスペースに新しく保護猫を
入れてあげられるのです。

NPO団体などで募集している場合は、病院などにかかる費用などは
団体で負担してくださる場合が多いので、消耗品(ごはんやトイレ)と
お世話にかかる時間や手間(?)などが預かりさんの負担になります。
 初心者の方や、動物と暮らしてみたいけど・・・という方は
こちらがお勧めだと思います。
誰かが預かれば、もう1匹お外の子が減って中に入れるのです。
それから、「どうしても無理みたい」という時は団体の方が
速やかに引き取ってくださるそうです。
少し不安があるなら、こちらが良いと思います。

個人でする場合は、ケースバイケースだとは思いますが
全てが自己負担になります。
お家の子と同じように、病気になれば病院にも連れて行かなくては
なりませんし、「1匹増える」と考えた方が賢明です。
そして、期限がありません。
つまり、いずれは里親さんの元に巣立って幸せになるけれど
それがいつかは、本猫と神のみぞ知る・・・・という感じです。
それまでは、わが家の猫が増えている・・・・状態です。

これが、わたしの家では預かりは「2にゃんまで」の理由でもあります。

 最初は、どこかきちんとしたシェルターから1匹預かるつもりでした。
ところが、nyagasunsunさんのところで緊急に保護しなくてはいけない猫たち
がたくさんいると聞いて
「では、1にゃん」と言ったのですが・・・
別の子の預かりを希望していた方が、子猫がほしいとおっしゃって
その子が浮いた状態になり、2にゃんダメですか?ということになって
家族会議の結果
「2にゃんまで。絶対に2にゃんまで。うちの子の数を越えないこと。」と
取り決めたのでした。
ところが桜以外の子はみんな、わたしが「預かります」と言うと
里親さんが決まる嬉しいジンクスが出来たので、わが家はずっと桜だけ。
ビントロちゃんのお話を聞いたときも
「どちらか1にゃんなら預かれるよ」と言ったのでした・・・・
2にゃんとも・・・と言えなかったことに心を痛めています。

時々「預かるなら1匹も2匹も同じ」とか
  「預かりを渋る旦那なんて別れてしまえば」とか
  「アトピーなんて関係ない。慣れれば平気だ」などと
乱暴なご意見も見受けます・・・・
でも、わたしもnyagasunsunさんもそうは思えません。

結局、nyagasunsunさんもご主人の反対を押し切り1匹を預かることを
わたしも、家族の負担を無視して2匹を預かることを躊躇しました。

今回、どちらの家族も心が深く痛んでいます。
そして、nyagasunsunさんのご主人は、ビンちゃんをお家で預かることを
承知なさったそうです。

世の中に預かりさんが増えてくだされば、保護される子も増えていきます。
生殖制限が隅々まで行き渡れば、不幸な犬・猫は確実に減っていきます。

「動物と暮らしてみたいけれど、どんな暮らしか不安」という方は
まずは預かりさんをしてみてくださいませんか?
預かりをしてみて、自信が持てたら・・・
いつか里親さんになってください。
また、里親は無理だけれど、預かりなら・・・と言う方も
ぜひ、立候補してくださいね。
こちらは立候補すれば、当選確実です。
ただし、最低限のルールやマナー常識などは、もちろん必要です。

NPO団体と一口に言っても、大きさや趣旨も異なれば
それぞれの団体によって活動は千差万別です。
そして、大きな団体でさえ常に動物でいっぱいだそうです。
結局は個人でTNR活動をしたり、えさやりをしたり
みんなが少しずつ自分の出来ることをしていく地道な方法でしか
動物のためにできることはないのが現状です。
預かりというのも、その一部だと思ってください。
(全体から見ると、ほんとうにささやかなことでしかないのです・・・・)
もちろん、お独りでそれをすべてなさっているchoiwaru101さんのような
素晴らしい方もいらっしゃいます。

ほんとうは、国や自治体がドーンと動いてくれるといいのですが・・・
それから、芸能人などセレブリティと言われる人たちが
公の場で、声を大にして生殖制限の話をしてくれるとか・・・・


厳密に言うと、わが家では2にゃんがうちの子(なな・りん)。
1にゃんは預かりの子(桜)。1にゃんが保護猫です(紅葉)。
でも、違いは全くありません。
どの子も同じです。
ただ、桜と紅葉はいずれ巣立って行く子・・・・
桜の里親さんは、わたしの独断でなくnyagasunsunさんのご判断を仰ぎ
紅葉の里親さんは、わたしの判断で決める・・・・くらいが違いでしょうか・・・
でも、きっと紅葉の時も「どうしよう?」って相談すると思うから
結局は同じかもしれませんね。


猫に限らず、動物の預かりや保護は大変ですが1度やってみると
次には、少しだけ勇気や知恵が付き(気が大きく(?)
ちょっとうまく出来るようになるから不思議です。
桜が来てくれたお陰で、わたしもいろいろな事に気付いたり
学んだりさせてもらいました。
桜にもnyagasunsunさんにも感謝しています。


今回、頂いたメールが全て温かいお言葉や
預かりさんを前向きに考えようとしてくださるメールで
とても嬉しく、そして救われました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

どの子にも、すてきな家族を・・・・
トロちゃんのご冥福を心からお祈りします。
ほんとうにごめんね。
そして、行き場のない猫を保護することに嫌な顔一つしない家族にも
心から、感謝します。
| kukka | - | 17:21 | comments(8) | - |
kukkaさん、ごめんなさい。
まだ悲しみの淵に居て、何も見えなくなっていたら・・と思って、私のブログにてコメントしました。でも大丈夫ですね、安心しました。
そして、不快な思いをさせてしまったらごめんなさいね。
私も自分の迷いで亡くした子がいたの。自分ではどうする事もできなくて、回りの人に助けて貰った。気持ちのもって行きようが分からなくてね・・・。
だから、あんな事を書いてしまいました。
それから1つお願いがあります。
紅葉ちゃんの里親募集をする際の、とびきり可愛い写真を撮って載せて下さい。
| しろくま | 2007/12/05 9:50 PM |
☆しろくまさん☆
実は、号泣しながらコメント拝見しました。
さきほども、nyagasunsunさんと電話で話し
わたしのほうがめそめそして励まされたところです。
しろくまさんのおっしゃってること、ぜんぶがその通りで
うんうん。。。と頷きながら読みました。
全部は助けられない。限界がある。
わかってるのに、どうしようもない自責の念にかられ
パニックになります。
だから不快どころか、ありがたくて・・・・
こういう言葉で、わたしはなんとか日常を送り
平静を保てるんだなぁ・・・と、しみじみ思ってます。
ほんとうに、ほんとうにありがとうございます。
正直、まだ後悔でいっぱいです。
でも、前を見ないといけないと頭では理解しています。
気丈に前を向いているnyagasunsunさんと
亡くなったトロちゃんに申し訳ないから、わたしも頑張る!
と、思いつつ泣いてしまいます。

紅葉、避妊手術が19日に決まりました。
そしたら里親募集です。
写真映りの悪い紅葉さんをなんとか可愛く撮れるように
がんばりますね。
ありがとう、しろくまさん。
ほんとうにほんとうに、感謝でいっぱいです。
| kukka | 2007/12/05 10:18 PM |
いやいや〜(^ω^;)(;^ω^)、うちはしょうがないんですよ、気がついたら居て、「どこで暮らす?」と聞くと、みんな「ここ」って言うんです(^ω^;)(;^ω^)。じゃあ居れば!そんな感じでやってます。そろそろ一杯ですけどね。まあ独り身で気楽なんで出来ることかもしれませんね。

 確かに預かりさんたくさん居たら楽ですね〜、僕なんか特に構ってあげられる時間が限られてしまいますので、僕が金出して、誰かが預かって大切に育ててくれたら有難いことこの上ないです(゜∀゜)
| choiwaru101 | 2007/12/06 12:12 AM |
トロちゃん、可哀想でしたね。誰だ〜屋上に連れて行ったのは!(怒)
それにしても、一時預かりさん、ホントにほしいです。
うちのミッシャへのストレスを考えると、家に入れて家猫修業をさせて
里子にっていうのが、なかなかできないでいます(^^;)
今、家に入れたい子2匹。もっと自分にキャパがあれば・・と
本当に思います。入れれば何とかなるのかなぁ。
でもトラブルが起きてから、もう一度外には出せないので
慎重にならざるを得ないです。難しい・・・。
助けたい子はいっぱい、でもこちらにも限界あり。
全部を助けることは到底できませんね。いつでもジレンマです。

| hanautaneko(ミッシャ) | 2007/12/06 11:15 AM |
☆choiwaru101さん☆
いつもすごいなぁ・・・・と、思って拝見しています。
みんなに愛情と配慮が行き届いていて・・・・
わたしは、3匹でできたことが4匹になったらできなかったり・・・・
助けてあげたい思いと自分のキャパの差が大きすぎて・・・

預かりさん、増えてほしいですよね・・・
確かにいつかはお猫入りする子と暮らす心情は複雑だけど
その子が幸せな様子を見るのは格別うれしいです。
看板娘になった子がいて、そのお店の前を通るのが楽しみなんです♪
| kukka | 2007/12/06 12:35 PM |
★hanautanekoさん★
癲癇の子を持つと、ほんとうに些細なことでも冒険ですよね。
すごく解ります。

>でもトラブルが起きてから、もう一度外には出せないので
>慎重にならざるを得ないです。難しい・・・。

そうなんです・・・・
そこがいつも悩みの種です。

>助けたい子はいっぱい、でもこちらにも限界あり。
>全部を助けることは到底できませんね。いつでもジレンマです。

理屈ではわかっていても、気持ちがね・・・・
自分の中で堂々巡りしますよね・・・・
どこかで線を引かないと、自分が壊れてしまうんですよね。
でも、そこがまた心痛の原因でもあり・・・
難しいです。ほんとうに・・・・
| kukka | 2007/12/06 12:38 PM |
トロちゃん、かわいそうでしたね。
結局誰かが連れていったのですか?
悪気ではないのかも知れませんが、
もどかしい思いでいます。

預かりだけでも出来たらどんなにか
巣晴らしい事だと思います。

今の私の住宅状況とミミのこと、
それに仕事のことなどで預かりも
出来ないのが無力で残念です。

kukkaさんや多くの猫助けなさっている方を
見ているとすごいなぁと感じます。
いつか、助けることの出来る生活が出来ると
良いなぁと思います。
応援しています!!
| ミミママ | 2007/12/06 11:24 PM |
☆ミミママさん☆
ありがとうございます。
わたしは、ほんとうにささやかな小さなことしか出来ていません。
それでも、「応援しているよ」の言葉を頂くと
とても嬉しくなり、励みになるのです。
出来る時に出来ることを出来る範囲で・・・
それが、細く長くの秘訣なんだと自分に言い聞かせています・・・・
それでも葛藤はあるので、こんなふうにコメントいただけると
とっても嬉しいのです。
ありがとう、ミミママさん!
| kukka | 2007/12/08 3:45 PM |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>



 初島の猫の里親さん募集バナー2.jpg


 ←click here



このページの先頭へ