kissa*almanakka | わたしのもってるもの

kissa*almanakka

<< ひき逃げはヤメテね | main | 猫の癲癇と薬 >>
わたしのもってるもの


ななは癲癇です。
そのお陰でわたしは癲癇のいろいろな知識を得ました。

最初はこの病気への無知が原因で
ななを苦しめてしまったことも事実です。

同じ轍を踏む人が少しでも少なくなること。

わたしもななもそれを望んでいます。

迷いましたが、いくつかわたしの「もってるもの」
つづりますね。



猫の癲癇に使われる薬
ファーストチョイスはフェノバルビタールです。

これには真っ向から反対意見を唱え
フェノバルの恐ろしさを訴える獣医さんも
いらっしゃいます。

その言葉に翻弄されフェノバルを止めたこともありました。

結果、再発した発作に勧められるまま
セルシンを使いました。

悪化しました。

セルシンはハッピーになれる薬で
坑鬱剤としても使われるそうです。
ハッピーになって食欲も増進するので
食べられない猫に投薬することはあっても
坑癲癇剤としては、猫には使用しないのが
一般的だということです。
ジアゼパムという薬も猫には使わないことが
一般的だそうです。
こちらも坑鬱剤、そして痙攣を抑える作用があります。

ジアゼパム、セルシン、ホリゾンなどは
同じ薬とみて良いようです。

わたしも最初は、迷いました。
いくつかの病院でお話を聞いて
獣医学の進んでいる欧米でも日本でも
『猫の癲癇のファーストチョイス=フェノバル』
という結論を受け止めました。

ななは 1/2錠/1日 のフェノバルと
    1袋/1日 のタウリンで
今のところは、肝臓にも影響なく
発作も抑えられています。

いま、癲癇のねこさんを抱えて
なやんでいる方の指針になれば嬉しいのですが・・・

もちろん、かかりつけの獣医さんに
頭ごなしに挑むなんて止めてくださいね。

でも、セカンドオピニオンも大切です。
たくさんの意見を聞いて
自分の子にモア・ベターな治療を探すって
難しいけれど大切だと思うのです。

アタシもそう思うにゃん・・・むにゃむにゃ・・・

りんさんはななにかかる莫大な治療費を気にしてか
病気もせずにがんばってくれています。
ありがとうね。

| kukka | 猫のてんかん | 17:57 | comments(8) | - |
わたしもベリーの癲癇発作が出はじめて、いろいろ検索したり調べたりしたけれど、情報はほとんど無くて苦労したり心配になったりしたことが、ホームページ作成のきっかけでした。
ブログにつけているアクセス解析を見ると、ほとんど毎日のように「猫 癲癇」関係で来られています。
まだまだ情報は足りないけれど、私の知っていることや役に立つことを発信しよう、と改めて思いました。
ベリーは、フェノバール一本なもんで、他のお薬のこととか本当に勉強になります
| お局様 | 2006/06/04 8:21 PM |
☆お局様☆
アクセス解析、機能はあるらしいんですが
よくわからず放置中です(ToT)

こういう病気になっちゃったこと、
なんでなんだろうと考えると
やはり何かしようって思うんですよね。

今までは先延ばししてたんですけどね・・・
きちんとホムペにしよう・・いつか・・・って。

でも、とりあえず行動に移そうと思って。
形はあとからでいいかなっと・・・(笑

ななは、わたしが馬鹿だったから
フェノバルー本になれなかったんですよ。
だから、ベリーちゃんは幸せですよ!
| kukka | 2006/06/04 11:02 PM |
ななちゃん大変な病気を持っているんですね。
発作は見ていても辛いし体力も使いますよね。
前に実家にいた犬が癲癇持ちでした。
かなり昔でこれと行って治療はしませんでした。
ただやっぱり精神安定剤は飲ませていました。
パトカーや消防車のサイレン、工事の音が
した日は必ず発作が起きていました。

ななちゃんもベリーちゃんもがんばれー!
康太も頑張るからねー(^^)
| おかる | 2006/06/05 12:01 AM |
☆おかるさん☆
お疲れ様でした。
これで一段落ついた感じだね。

犬の方が癲癇になっちゃう子
猫より多いんですって。
ただ、ハーブなんかで緩和できる子も
犬のほうが多いそうです。
精神的な部分て大いに関係するよね。
なるべく日常は穏やかにって
心がけてます。

康太くん、がんばってる姿
ななはお手本にしてますにゃん!!
きっと、ベリーちゃんも。
| kukka | 2006/06/05 10:42 AM |
こんにちは(^^)

私もびびが癲癇だとわかったとき、とても動揺して、
迷うままネットサーフィンでkukkaさんのサイトに出会いました。そこで、kukkaさんやお局様さんやみぃさんとお知り合いになれました。本当にありがとうございます。
もしネットがなかったらと思うと・・・。

びびは、ジアゼパムで治療中です。
ジアゼパムについて、主治医の先生にお伺いしたことを控えめに(笑)追記させていただきますと・・・
ジアゼパムは数年前までは、kukkaさんがおっしゃるように犬にしか使用されなかったそうです。しかし、びびの主治医の先生は猫の癲癇の患者さんに使っても効き目があることを経験上確認されていたようです。現に2ヶ月かかりましたが、びびの癲癇はおさまっています(^^)
またセカンドオピニオンとして、別の獣医さんにお伺いしたところ、このあたり(だいたい大学で派閥があるようですね(^^))の獣医さんではだいたい第1処方薬としてフェノバルビタール、ジアゼパムの選択肢をあたえられるようです。
いろんな意見があるのですね。

びびは、ストロバイトも併発しているので、これからどのように治療していけばいいのか、落ち着いて対処していこうと思います。

kukkaさんのサイトにたくさんたくさん、救われています。
本当にありがとうございます!!

癲癇もちの全国の猫さん、みんな元気に健やかにすごせますように!!
| sinocco | 2006/06/05 4:28 PM |
病気が早く治りますようにね。
ところでkukkaさんの上の右側におる猫やけど
よそで同じ物を見つけたら色々と話をしはるんやわ。
知ってはった?なんでkukkaさんのはむにゃむにゃしか言わんのやろか?
| キミドリ | 2006/06/05 6:34 PM |
☆sinoccoさん☆
お気を悪くなさったらごめんなさいm(__)m
わたしの知っている獣医さんは
みなさん「フェノバルビタール」推奨派で・・・
ジアゼバムの効き目に疑問の声を
あげられているので・・・・
わたしはセルシンでななに辛い思いを
させてしまって・・・
もちろん、びびちゃんに効き目があれば
それは本当によかった!と思います。
セルシンやジアゼバムが効く
ねこさんも、もちろんいるんですよ。

本当に、癲癇に苦しむねこさんが
いなくなりますように。

★キミドリさん★
・・・・Σ( ̄□ ̄;)うっ・・・
そ、そうなんですよ。
すごい子は書き込みまで!!
なんかねえ。。。。。
かまってあげないとダメらしいです(ToT)
かまってるつもりなんですけどね。
足りないみたい。。。。
キミドリさんもクリックたくさん
お願いしますm(__)m
| kukka | 2006/06/06 9:17 AM |
おはようございます!たびたびお邪魔いたします!
全然気を悪くしたわけじゃないですよ!!!
こちらこそ、生意気なようでしたら、本当に申し訳ありませんでした。

私も、どうしてフェノバルじゃないのっ?って何回も先生に聞いたクチです(^^;)

住めば都じゃないですが、効けば本望ですよね♪♪
私もこれからももっともっと勉強して、びびにモア・ベターなことをしてあげたいと思います!
| sinocco | 2006/06/06 9:35 AM |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>



 初島の猫の里親さん募集バナー2.jpg


 ←click here



このページの先頭へ