kissa*almanakka | 阪神大震災から12年

kissa*almanakka

<< ありがとうございました。Kちゃんは虹の橋に旅立ちました | main | しあわせ指数 >>
阪神大震災から12年
 阪神大震災から、今日で12年。
あの日のことは、今でもはっきりと思っています。

 寝付けない夜でした。
ようやく眠りについたのは明け方。
うとうとしていると、突然・・・身体が宙に浮いて
次の瞬間ベッドに叩きつけられたのでした。
あとは、家中がぐらぐらと揺れる中
まだほんの赤ちゃんだったkykyの部屋に走ったのでした。

kykyは、だまって空を見上げていました。
「大丈夫?」
すぐ後ろから夫も追ってきました。
電気は点きません。
窓をあけると、空が白み始めていました。

 わたしは、戦争が起こったのかと思いました。
いえいえ、そんなはずはない。
では、米軍の軍用機でも墜落したのか・・・・

 地震だとわかると、慌てて実家に電話をしました。
だって・・・
神戸には地震は来ないはず。
その神戸がこんなに揺れたなら、実家のある神奈川は
きっと、壊滅状態なはずです・・・。

 開口一番の母の言葉は
「こんな時間に何の用?」
大丈夫なんだ・・・

 では、これはいったいなに?

幸い、わが家は被害はほとんどなかったのですが
山の上から見下ろした、昨日まであったはずのものが
その姿を消し、あちこちから煙が立ちのぼる光景は
いまも忘れることができません。

 夫は、随分と山の下で被害に遭われた方々の
救援活動に精を出していました。

 わたしは、kykyを抱えておろおろするばかり。
結局、実家に避難しましたが
「自分だけが逃げた」ような罪悪感に苛まれ
随分、悩みました。

 あの当時は、動物の救済なんてまだまだで
あちこちの避難所で動物関連のトラブルが・・・

人の善意も身に染みましたが、悪意を見る
悲しい現場も体験しました。

驚くスピードで復興した神戸ですが
あの震災では、みんなどこかにトラウマを持っていると
思います。

二度と、あんな災害がありませんように。
いつも一番の被害者はもの言えぬ弱い者ばかりです・・・

迷子のゴロンちゃんを探しています
昨年、鎌倉市津西1丁目で行方不明になりました。
お心当たりの方はにくきうさんまでお願いします。
| kukka | - | 18:30 | comments(6) | - |
おはようございます。
あれから12年たったのですね。
もう12年なのかまだ12年なのか。
実際家族を亡くされた方にとっては、12年間時間はとまったままなのかもしれません。

kukkaさんご一家は震源地のすぐ近くで、被災されたのですね。
ご家族が無事で、おうちが無事で、本当によかった。
避難することは、逃げることではないと思います。
そんなふうに思って、思い悩んだ人はとても多いです。
私だけが、避難して。
そうじゃないと思います。
思い悩んじゃダメです。
| sinocco | 2007/01/18 11:12 AM |
震災で神戸におったら大変やったんやろね?川一つ挟んで大阪は全く被害がなかったもんやからテレビも信じ難くてね。息子の学校にも被災して転校して来はった子がおったんやった。
避難して英気を養ったらよろしいねん。大手を振って避難して大きな顔でおったらよろしい!相手は自然災害やねんから誰も歯が立たないんとちゃうやろか?ダンナさんは偉いやないの?救助と言ってもなかなか素人に出来るもんちゃうやん?エライ!!
| キミドリ | 2007/01/18 3:04 PM |
あの日から12年ですか。。。
アメリカでもニュースに映し出されていました。
明石に住んでいたはずの友人の消息は今でも分かりません。。。。どこかで無事に暮らしてくれてればいいけど。。
ご主人様は立派ですね。誰でもが出来ることではありませんよ。
実家に身を寄せられたことは、全く非難されることではないですよ。その時は幼いKykyさんと一緒で、それがベストだったのではないでしょうか。
| hitomineko | 2007/01/18 4:59 PM |
☆sinoccoさん☆
あの震災を思い出すたびに、生かされていることに
感謝をしますが、普段はけろっと感謝を忘れてしまいます。
ほんとに小さなことが、明暗を分けましたから・・・

ありがとうございます。
非難した被災者は、みんなどこかに罪悪感を
持っているのかもしれませんね・・・
嬉しい、コメントありがとうございます。

★キミドリさん★
ありがとうございます。

当時は、二次災害が不安で出かける救助に出かける
主人をどれほど心配したか・・・

現場では、助け出せない方も多くあったとか・・・
助かりそうな人から助ける、が鉄則で
瓦礫の下でなくなった方を後回しにした時は
奥様に「鬼!」と叫ばれとか・・・

息子さんの学校にも避難した方があったのですね・・・
震災後、また神戸に戻れたわたしは
幸せなのだと思います。

☆hitominekoさん☆
ありがとうございます。
kykyも「縦揺れ」は、今でも身体が覚えているそうです。
遠くから走ってくる大型ダンプカーのような余震のせいで
いまだに、大通りでダンプカーが来ると
親子で身をすくめます・・・。

明石のお友達、ご心配ですね。
でも、明石は神戸より被害が少なかったので
きっとご無事でお元気に暮らしていらっしゃると
思います。
いつか、お会いできることお祈りしています。
| kukka | 2007/01/19 10:56 AM |
お久し振りです。
年末倒れた伯父の見舞いに水曜に行ってきました。
リハビリで『ご自分の名前を書いてください。』と言われた伯父。
鉛筆を持たされて書いたのが117と地震の起きた時間でした。
初めは何の事かわからなかったけど伯父が一言『忘れちゃいけないんだ。』と。
実際 経験した人は言葉にはできないくらいの傷が残ったでしょう。
私には想像もつきません。
人も動物も一瞬にして生活が壊されたんですよね。
知り合いの御実家のわんこもそれがきっかけで脱毛症に。
かなりの過敏症になったと聞きました。

こちらもいつ大地震がきてもおかしくない状態と言われて数年。
恐ろしいです。
| おかる | 2007/01/20 5:01 AM |
☆おかるさん☆
伯父様も、お父様も大変でしたね。
「おかるさん、偉いなぁ・・・」って思いながら
いつも読み逃げしていて・・・ごめんなさい。

伯父様に感謝しなきゃ・・・阪神間住民代表として。
あの恐怖は、いまだに消えませんが
幸い、わたしは失ったものがないので「生かされている」ことを
感謝しなくてはいけないし、犠牲になった方へは
常に思いを馳せなくてはいけないんじゃないかな・・・と。

姑だって、震災がなければ兄夫婦と同居せずに済んだと
思うと、気の毒で・・・。
かと言って、わが家に呼び寄せる甲斐性もないのが悲しいです・・・
| kukka | 2007/01/20 5:29 PM |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>



 初島の猫の里親さん募集バナー2.jpg


 ←click here



このページの先頭へ