kissa*almanakka | プーのこと

kissa*almanakka

<< Happy Birthday kyky | main | プラチナパス >>
プーのこと
 kykyのお誕生日に、お祝いの言葉をありがとうございました。

そのkykyの生まれた日から遡る事365日。

わたしの愛犬プーが交通事故で虹の橋に渡りました。

プーは、母の知人から譲り受けたポメラニアンでした。

当時、わたしの家はゴタゴタがあり母は年中、実家に帰り
プーはわたしが育てたようなものでした。

犬の本能を考えたら当たり前のことですが
いつも2人きりだったわたしたちの中で
プーは、わたしをリーダーと決め1人と1匹の「群れ」が
出来上がったのでした。

父も母も、彼にとっては他人です。
なので、わたしに対しての絶対服従の態度を
彼らに見せることはありませんでした。

そのせいか、彼らは随分とプーに辛くあたりました。

もっとも、彼らにとっては「躾=暴力」だったので
本当にいまだったら、動物&児童虐待で夫婦で逮捕されていたでしょう(爆

わたしとプーはいつも行動を共にしていました。
なんでも分け合い、いつも一緒。
「動物と同じお皿からものを食べるなんて!」と
母はいつも怒っていましたが(笑


 その日、わたしは体調がすぐれず起き上がれませんでした。
なので、母がプーの散歩に行きました。
母は、片手のゴミをもっていたからという理由で
プーのロープを持たずに・・・

 洗面所で聞こえた、急ブレーキと衝突音。
母の悲鳴・・・

 パジャマのまま飛び出すと、プーが倒れていたのでした。
そのまま、向かいのお兄さんの車で近所の獣医さんへ。

あとのことはよく覚えていません。
蘇生しなかったプーを抱いて泣いていた記憶、
わたしの方が呼吸困難になりかけ、獣医さんを慌てさせた記憶。

そして、帰宅したとき、パジャマで裸足の自分に気付きました。
母の「みっともない」という言葉で・・・
白いパジャマにはプーの血がついていました。

それが12月15日でした。

その頃、わたしはkykyチチと出逢い、結婚しようと決めていました。
わたしの家では大反対!
なので、2人で恋の逃避行をするつもりでした。
「こんな家にプーを置いていけない。」
「でも、連れて行ってプーは幸せなのかな・・・」
などと、考え悩んでいた時期でした。

天罰だと思いました。
わたしたちは「群れ」でわたしは「リーダー」だったのに・・・

母は「あんたのせいよ!」とわたしを攻め立てました。
「あんたが散歩に行けばよかったのよ」

プーは横断歩道を渡ろうとして、配達の為に猛スピードで
走ってきた近所の米店の車に轢かれたのでした。

たとえ、横断歩道の上でも犬だけで渡ったのだから
犬が悪い・・・と。

わたしの中で、実家に住む理由がなくなった瞬間でした。


わたしが小さかった頃、祖父母の家のピコとい犬が亡くなった時
祖母は
「kukkaが、ベビースターラーメンを食べさせたせいだ」と
母に説明していました(ピコは元々、母の犬でした)
わたしは、そんなことしていないのに・・・

祖母と母、どちらも自分の罪を罪として受け止められず
人のせいにしてしまうタイプなのだと思いました。

母は姑である、父方の祖母のことを
「自己中心的で、わがままで、なんでも人のせいにする」と
悪口を言っていましたが、
それは、自分自身のことだったんですね・・・・きっと。

プー。
あなたがいってしまって、ちょうど365日目に
kykyがやって来ました。
本当は、15日に生まれる予定でしたが1日早く生まれたのです。

多感な時期に、あなたと「群れ」を作れて
あなたと家族で、よかった。
わたしが両親に厳しく怒られるたびに
両親に果敢に挑み、歯を剥き噛み付いてくれたあなた。
kykyチチと出会うまで、わたしのたった一人の味方だったあなた。

そちらはどうですか?
新しい群れはできましたか?家族はできましたか?

虹の橋は快適でしょう。
あなたの好物の、ブロッコリーと梨とからすみ、
供えますね。
あ・・・からすみは無理ですが・・・・m(__)m

ゴロンちゃんを探しています
鎌倉市津西一丁目で行方不明になりました。
ああ・・・年内には帰ってきてね。
ゴロンちゃんのために作った枕は黄色。
黄色はプーの大好きな色でした。
犬が色盲なんて嘘ですよ(笑

あ・・・だからでしょうか・・・
kykyが生まれる時、黄色いものばかりを揃えたわたし(笑

ゴロンちゃん、あったか〜いお家にもどっておいで・・・
見かけた方はにくきうさんまで、お願いします。

ちなみに・・・プーの本名はボビーです。
でも「くまのプーさん」に似ていたのでプーなのでした・・・犬
| kukka | koira | 13:12 | comments(4) | - |
辛い思いしはったんやねえ?だけどね人生は何でも経験やで!経験!!足もぶっつけへんかったら痛いの解らなんやろ?ぶっつけて痛いと思って次から気いつけようと学習するし。
我が子や他人様がそうならんようにと思うようになるんやで。

まあ人にはこうやって偉そうに言うんやけど姑から見たら私も鬼嫁やし!人間は過去にも経験にも打ち勝つほど強くならなあかんて事よ!

それにしても恋の逃避行?ええやないの?
| キミドリ | 2006/12/18 3:06 PM |
突然の、どうにもならなかったことは、
いつまでも辛いけど、いつか虹の橋でいつか会えるね、
って思ってると少しは気が楽になるかな?

kykyちゃんが来たのは単なる偶然じゃなくて、きっとプーちゃんが思いを込めてくれてるんだよね。
| みかりん | 2006/12/18 10:48 PM |
こんにちは!
プーくんの話、とても衝撃的でした。思い出すたびにつらいことですよね。。。

プーくんはきっと虹の橋の下で、kukkaさんが今築いておら
れる生活をまぶしそうにみているのではないでしょうか?
今のkukkaさんはご両親への反骨精神から成り立ったとも考えられますよね?
kykyさんはプーさんと魂の流れの中でなにかかかわりがあるのかもしれないなあと思いました(^^)

恋の逃避行、素敵ですーーー(*^▽^*)
| sinocco | 2006/12/20 3:57 PM |
☆お返事がおくれました(>_<)ごめんなさいm(__)m☆

☆キミドリさん☆
重みのあるお言葉、ありがとうございます。
そうですね・・・人間は経験によって生かされるのかもしれません・・・
いつも、温かいお言葉ありがとうございます。
痛みを知ってこそ、理解できる人になれるんですね・・・
がんばります(~O~)

★みかりんさん★
ありがとう・・・
虹の橋で、きっと楽しく暮らしているよね。

あの時は、呼吸困難でこのまま自分も死ねたらって思ったの。
でもkykyがやって来たのは、プーが「がんばってくれよ」
って言ってくれたのかもしれない・・・
思いをこめてくれたのか・・・・ありがとうね。

☆sinoccoさん☆
そうそう・・・
わたしね、思春期の頃よく
「母親とは正反対の女性になって、父親とは正反対の人と
 結婚するの」
って言ってたのでした・・・・(笑

なので母曰く
「どうしようもない母親」
父曰く
「男を見る目が全くない娘」
らしいです(爆

でもね、これで案外いいママだったり(←自分で言うなって?(笑

父はね、上司として社会人の先輩としては素晴らしいけれど
家庭人としては・・・・
ただし、『おじいちゃん』となると、また話は別のようです(笑

kykyとプーさんは、なにか関わりがあるのかな・・・
なんだか嬉しくなってきました♪

いつもありがとうm(__)m


| kukka | 2006/12/21 2:00 AM |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>



 初島の猫の里親さん募集バナー2.jpg


 ←click here



このページの先頭へ