kissa*almanakka | 悪徳獣医

kissa*almanakka

<< さくらちる・・・ | main | 買っちゃった! >>
悪徳獣医
Mayu-☆さんの日記で知った多摩の悪徳獣医
moomamaさんの日記にも書かれていました。

いままで、いろいろな獣医さんに出会いましたが
「悪徳」と断言できるのはお2人。

酷いとか、悪いとか、嫌なとかではなくて『悪徳』です。

これは、わたし自身にもとても辛い話で
他言は出来ませんでしたが、どなたかの指針になれば・・・

告白します。

 1992年12月24日

わたしたち家族は夫の仕事の都合で、名古屋に住んでいました。
御器所という閑静な住宅地でした。

その日、連日働き詰めだった夫は漸く休みがとれました。
「さあやとみいちゃんの散歩はぼくが行くから
 もう少し眠っていていいよ」
朝、彼はそう言って2匹と散歩に行きました。

ところが、朝食の仕度が終わっても帰って来ません。

その時、電話がなりました。

「いま、八事の動物病院にいる。
 さあやが事故にあった。
 タクシーでここまで来たけれど
 お財布を持っていなかったので至急、お金を持ってきてほしい。」

駆けつけると、タクシーの運転手は
「五千円払え」と凄みました。
メーターは倒しっぱなしの状態で1500円程度になっていました。
待たされた分の利子だと。
たまたま通りかかった警察に注意されても
その運転手は
「待たされた間、客が拾えなかった」と・・・。
警察は民事不介入。5千円札をひったくると
エンジンをふかしてそのタクシーは消えました。

動物病院はきれいでした。
手術室に寝かされているさあやは、もう瞳孔が開いていました。
「だめなんですか?」
と、問うわたしたちに看護婦は
「まだ先生が来ませんから。ご自宅は離れてらっしゃるんです。」
待つこと30分。
夫が病院に運んでからはすでに50分近く。

もうだめなのは、頭では納得していました。

ところがやってきた獣医は
「まだ助かる見込みがあるので手術をする」と・・・

頭で判っていても、気持ちは藁をもすがる状態でした。

彼はさあやの身体に何度も何度も電気ショックを
当て続けました。

20分だったか30分だったか
「だめだったので、開腹手術は止めます」と・・・

請求された処置代は5万円程度でした。

さあやをタオルにくるんで病院を出るとき
獣医の車が目に留まりました。
ジャガーでした。

事故の経緯

夫とさあやとみいちゃんが並んで横断歩道を渡っている時に
信号無視のサファリかパジェロが横断歩道に突っ込んで来たそうです。
いつもは夫の後ろを歩くさあやが突然、一歩前に。
車はさあやを撥ね、夫のコートを掠めたそうです。

一旦止まって、さあやを撥ねたことを確認した
車の男は慌てて急発進して逃げたそうです。

いつもお水を購入する酒屋の前での出来事でした。
酒屋のおばさんは夫だとわかると
「その犬用のキャリー、ここに置いておきなさいよ。
 預かるから」と声を掛けてくれたとか。

お礼方々、キャリーを取りに行くと、店の裏の
空き缶やらのゴミと一緒にまとめられていました。
「犬のはいってた籠だし、どうせ死んじゃったろうから」

その後すぐに、わたしたちは名古屋から離れました。

わたしは今でも名古屋が大嫌いです。
タクシーの運転手さんのことは「クモスケ紛いの奴が多い」と
思っています。

わたしも夫も事故現場には、さあやはいないと思っています。
だから2度と行くことはないでしょう。

あの獣医は、最早息絶えたさあやに
その死後一時間近く経ってから、電気ショックを
与え続けたのです。
そして5万という金額を要求したのです。
恐らく、そんなふうにされたのはわたし達だけではないのでしょう。

その被害が積もり積もって、ジャガーになったのかも。

ああ。だめです。
今日はこれで限界。

ただ一つだけ補足。
夫は自分を責め続けました。
でも違う。
ちゃんとわたしも行けばよかったのです。

さあや。ごめんね。まだ2歳になったばかりでした。
今日はもうちょっと限界です。尻切れトンボですが・・・

ゴロンちゃん、早く帰っておいでね。
湘南紹介も今日はお休みします。
| kukka | news | 15:13 | comments(6) | - |
kukkaさんもご主人も辛い思いしはったんやね。
名古屋って外郎と鯱くらいしか浮かばへんな。
お国柄ってのもあるやろうし知らん土地やしね。辛かったね。
ジャガーってあの高級車やね?腹立つ獣医やな!ホンマ。
オバチャンが行ってその車の先のジャガー折って来たろか?
たださあやちゃんはkukkaさんご夫妻を恨んでも責めてもおらんで。
自責の念に駆られたらあかんよ!
| キミドリ | 2006/09/25 2:21 PM |
☆キミドリさん☆
ジャガー、折る・・・で笑ってしまいました。
ありがとうございます。
本当に、クリスマスイブにさあやが亡くなるなんて。
神様なんていないんだ!って思いました・・・
いまでも、小さな後悔をひとつひとつ思い出しては
申し訳なかったなぁ・・・と・・・・
優しいお言葉、ありがとうございますm(__)m
| kukka | 2006/09/27 11:01 AM |
再びこんばんは!

ひどい。。。
言葉を失ってしまいました。
どうして世の中にはこんな人がいるのでしょう。
こんな事がおこるのでしょう。
悪徳獣医、命をどうかんがえているのかしら。
なぜ獣医さんになったのかしら。
ひどいですね。
kukkaさんと旦那さまとさあやちゃんの大切な未来を奪った事。
私、ゆるせないです。
でも旦那さまとkukkaさん、ご自分たちをせめてはだめです。
さあやちゃんはわかっています。

悪徳獣医といえば。
びびが1歳のお誕生日を迎えた時に、猫の雑誌でよんだ「1年検診をお誕生日プレゼントに」という記事を真に受けた私は健康診断を受けに動物病院へ。
そこで待っていたのは。

する必要のない注射と点滴。

費用は3万円。完全に足下を見られてました。

動物病院。
疑問がいっぱいの施設です。
動物と一緒に暮らす事になるなら、よいお医者さんをちゃんとリサーチしてからじゃなきゃって、おもいます。。。
| sinocco | 2006/09/29 11:02 PM |
☆sinoccoさん☆
獣医さんって謎がいっぱいですよね・・・
ほんと。
良心的且つ常識的な獣医さんって意外と少ないのかもしれませんね。

そういえば、kykyの学校の近くにあった獣医さん。
腕はいいけどお値段高め。
でもね、子供が連れて行った野良さんには決して
お金を要求しないんです。
だから、大人たちは
「ああ。その分ね」って払ってた(笑
kykyもお友達とおめめの塞がった野良猫さんを
連れて行って、ただで治療してもらったそうです・・・
ちょっと可笑しいでしょ?なんか笑えちゃって・・・
| kukka | 2006/09/30 2:21 PM |
最悪な1日でしたね。
さあやちゃんが事故にあった辛い日なのに
かかわる人間、悪い人ばかり。
思い出すのもお辛いでしょうね。
獣医さん、本当に色々ですね。
私も思い出したくもない経験があります。
今お世話になっている病院に行っていれば間違いなく
助かっただろう子がいます。
病院で信じられないくらいの力で触診された子猫の叫び声を
忘れられません。
それはその病院を選んだ私の責任でもあります。

遅くなりましたが御挨拶を。。
康太にメッセージありがとうございました。
10月2日に四十九日を迎えます。
強い相棒がいなくなったのはとても寂しいです。
でも頑張らなきゃねー(^^)
とらちょもお陰様で8日に正式譲渡の予定です。
優しいお兄ちゃんもできてやりたい放題(; ̄ー ̄川
リンクありがとうございました。




| おかる | 2006/09/30 10:19 PM |
☆おかるさん☆
康太くん、もうすぐ四十九日ですね。
とらちょくんは、康太くんに守ってもらってたんだろうなあ。
病院、本当に当たりはずれがありますよね。
そんなものあっちゃいけないのに。。。
技術の未熟は許せても、人としての未熟は許せない気がします・・・。

それにしてもとらちょパワーすごいです!!!
感動しちゃいました。
ゆゆさん、がっくりしてないといいけど・・・
| kukka | 2006/09/30 10:59 PM |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>



 初島の猫の里親さん募集バナー2.jpg


 ←click here



このページの先頭へ