kissa*almanakka | 大スポ・ツチノコ vs 産経新聞・野良猫騒動

kissa*almanakka

<< ご心配おかけしまちたっ! | main | 猫の癲癇 >>
大スポ・ツチノコ vs 産経新聞・野良猫騒動
以下、2007年12月26日の産経新聞の記事です。

阪神間の野鳥の飛来地として知られ、鳥獣保護区に指定されている兵庫県西宮市の御前浜(香櫨園浜)に野良ネコが住み着き、問題となっている。ネコにとっては、浜の護岸が格好のねぐらとなり、餌も豊富で快適な生活環境。しかし野鳥にとっては羽を休める貴重なオアシスであり、このままでは、危害を加えられる恐れもある。動物愛護の観点からネコの取り締まりはできないのが実情で、対応に苦慮した市はネコに不妊・去勢手術を施す検討を始めた。

 同市南部の海岸沿いには、環境省による「浜甲子園鳥獣保護区」と兵庫県知事が指定する「夙川河口鳥獣保護区」があり、それぞれ野鳥の捕獲などを禁じている。夙川河口付近の御前浜は昭和59年、県知事から約15ヘクタールが保護区の指定を受け、冬場にはカモやユリカモメ、ハマシギなど数百羽が飛来する「野鳥の楽園」となっている。

 夙川付近は緑が多いため、もともと野良ネコが住み着き、地域住民の苦情も多かった。行政側が追いやった結果、ネコは市街地から同浜の河口右岸の護岸付近へ移動。しかし逆に人に追い立てられることが少なくなり、「善意」の市民が餌や水などを与えていることも手伝って、浜に居座ってしまったという。

 同浜で20年以上、野鳥の観察を続けている男性(55)によると、野良ネコは多いときで十数匹とみられ、浜辺で鳥の死骸(しがい)をくわえたネコの姿も確認。「鳥に被害が加えられていないか心配」との声もあがっている。

 市動物管理センターによると、所有者不明などで引き取られるネコは昨年度計360匹。その数は減ることがなく、ほとんどが引き取り手が見つからず処分されている。

 一方、今回の問題は、行政側にとって頭痛の種。野良犬なら狂犬病予防法に基づき駆除できるが、野良猫に関しては動物愛護管理法の観点から駆除は難しい。しかも海岸で、野良ネコを放置しておくと、糞(ふん)尿や伝染病など衛生面の悪化も懸念される。

 これを受け、市は、野良ネコに対し不妊・去勢手術をする際の手術費用に補助金を出す方針で、来年3月の市議会に提案。野良ネコが爆発的に増えるのを防ぐという。

 同センターの境内貴志医師(28)は「餌付けする人がいるからネコは居着く。かといって行政が強制的に処分することもできない。一番困っているのは、人とネコとの騒動を知らずに飛来する鳥ではないでしょうか」と話している。


この記事に関して、今年の1月29日にボランティアと管理センター方で
話し合いの席が設けられました。
そのときのことは コチラ

先日、今度はセンターでこの記事の発言をしたとされる
境内獣医さんにも出席していただいて朝日放送のムーブが
この記事を受けて1月23日に行った報道※も含め
センターの方からご説明がありました。

※Today'sムーブ『野良猫被害に苦しむ西宮市』

まず、新聞記事への境内さんのコメントから

「全く事実無根です」

「年齢を聞かれたということは、記事になると上司に言われましたが
 まさか、こんなふうに書かれるとは驚きました。」

境内さんをはじめ、西宮市の管理センターの考えは
平たく言えば、「野良猫との共存」です。
市長だって「動物に優しいまち西宮」を目指したい意向だそうです。

西宮市の動物管理センターの考え方は

’に餌をあげないでとは言わない。

 なぜなら、食べ物がなくなれば確実に死に至る。
 これは動物愛護に反する。(法律に違反する)

Q.では、えさをあげていいのか?
A.但し、えさの後始末はお願いしたい。

¬醂蒜を増やしてはいけない。

 猫を捨てない。(刑事責任が問われます)
 猫に生殖制限をする。*1
 猫は完全室内飼育とする。

Gを嫌いな人・好きな人・どちらでもない人・そして猫
 この四者の共存を目指している。

*1猫の生殖制限に関しては、所有者が必ず行うこと。
  但し、所有者のない猫(=捨て猫・野良猫)に関しては
  管理センターのご相談いただければ、ボランティアを紹介します。
  (実費が掛かります)
  来年度からは、その費用の一部を行政が負担する予定です。

『猫に庭を荒らされる!』と鬼の形相で猫に石礫を投げる前に
ご自身の大切な敷地にオキシドールや塩素を撒かれる前に・・・
必死で生きている小さな者たちに生殖制限を施し、一代限りの命を
地域で見守っていくのはどうでしょう?(因果応報って言いますし・・・

たとえば・・・・
そういったご近所の目に怯えて、こそこそと夜中に食事を運ぶえさやりさん。
大手を振ってそれができれば、明るい時間にお掃除だってするでしょう。
地域を見守る目も増えます。
某公園では、野良猫相手におままごとに興じる小学生を見ましたが
生殖制限が進めば、猫の病気も激減しますから
お子さんだって、楽しく遊べるわけですよね・・・


ここからは今回、登場したマスコミへのわたしのツッコミです。

産経新聞さま

 ー荳爐箸呂燭辰唇貎佑琉娶を聞き鵜呑みにすることですか?
◆ヾ浜センターの方の言ったことを脚色のみならず歪曲して
  報道に携わる人間として、恥ずかしくありませんか?
 揚げ足になりますが、御前浜と香櫨園浜は違いますよ。
ぁ…蚕段欷邏茲覆蕁鳥だけでなく猫も保護されるはずだということを
  ご理解いただきたいと思います。(センターは、そう認識していました)
ァ 笋靴も海岸で、野良ネコを放置しておくと、
  >糞(ふん)尿や伝染病など衛生面の悪化も懸念される。
  確かに、糞尿を口に入れちゃったりすれば、大腸菌が体内に入ります。
  が、「伝染病はない。」と、境内獣医師はおっしゃいました。
  わざわざ猫に引っ掻かれるような悪さをしなければね・・・・・


ムーブさま
この記事がヤフーで話題になったところからの便乗取材だと思うのですが・・・

 .謄譽咾鳳任辰診は白黒八われちゃんだけ・・・ですね?
◆ーカットされていますよね?増えませんよ。
 あの空き缶についてですが、ご自身で猫に生殖制限をし
  毎日餌やりをしている方たちが、水のみ用に置いているものでした。
  それを、「野鳥観察・・・・男性(55歳)」が取ってしまう
  (盗ってしまう?)仕方なく、新しい物を補充すると
  あんなふうに溜め込んで捨てるそうです。ご存知でした?

夙川沿いの海岸付近は、ボランティアが入って生殖制限を終えています。
耳カットのない新顔がいるとすれば、紛れもなく市民が捨てた猫なのです。


今回、ボランティアの方々や猫たちを悪者として取材・報道するために
管理センターの方やボランティアの方々の心を踏みにじったことを
心から反省していただきたいと思います。
そして、市民同士が対立するよう仕向けるような記事を
面白おかしく掲載するのは、報道人として人間として恥ずべき行為だと
わたしは思います。

西宮ではこの問題を棚上げせずに、野良猫保護・野鳥保護両者の意思の疎通を
図れるように、共存できるようにしていきたい・・・と、考えているようです。
| kukka | 環境 | 16:09 | comments(5) | - |
kukkaと、愛護したの?
| BlogPetのkissa | 2008/03/13 9:06 AM |
ツチノコの話がありまへーん?書き忘れたんやろか?テレビでみたんやけどアレは蛭やね?
みのさんなんかもそうやねんけどいい加減な取材や発言は戴けないよね。名前書いて年書いてしたら事実は別にしてもその人の発言が一人歩きしてしまうからね。どんな人間にも親や家族のあることやし、マスコミはその辺を考えなあかん。
西宮は野球のイメージしかなかったけど頑張ってるんやね!
| キミドリ | 2008/03/13 2:55 PM |
☆キミドリさん☆
ごめんなさい(><)
ツチノコの話同様、マユツバだって意味でした・・・m(__)m

あれ、蛭なんですか?
ツチノコってコブラっぽいイメージがあったので
新聞の写真は違う感じだなぁ・・・・くらいで・・・・・

獣医さん、とっても犬や猫のこと考えてくださってる方で
どこであんなふうに歪曲されちゃったのか・・・・

>どんな人間にも親や家族のあることやし、マスコミはその辺を考えなあかん。

ほんとうに、マスコミの方はそういったことを踏まえて
真摯な取材をしてほしいです・・・・
| kukka | 2008/03/16 7:47 PM |
行政の方が、意思の疎通を図っていこうとしてるっていうのが、ほっとしますよね。
うまく両方が歩み寄っていい結果が出るといいですね。
| みかりん | 2008/03/17 3:51 PM |
☆みかりんさん☆
絡みにくい記事に、コメントありがとうです〜〜(涙

行政の獣医さんたちが、良い方でよかったって思ってます。
鳥にも猫にも楽園であってほしいです・・・・
| kukka | 2008/03/18 12:45 AM |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>



 初島の猫の里親さん募集バナー2.jpg


 ←click here



このページの先頭へ