kissa*almanakka | 杞憂

kissa*almanakka

<< 涼のとり方 | main | シナリー化粧品 >>
杞憂


最近、子猫を目にすると悩む。
もし、已むに已まれぬ状態で、保護することになったら・・・・
一応、私の中では二匹が限度。

たとえば、非常時にベランダから逃げなきゃいけない!とか
最悪の状況で、安全を確保するとなると二匹が限界なのだ。
ななは、カンガルー袋に入れる。りんはキャリー。
空くのは片手だけ。

もちろん、家族が居る時なら手もあるけど。
私単独の場合を想定すると、三匹は無理だ。

ななは、ほかの子にも優しいけれど、ストレスが溜まるとと発作がおきる。
りんは、自分より小さい・若い・可愛い奴は大嫌いだし(ToT)

そもそも、訳がわからん内に多頭飼いになったから
全部、アバウトでドサクサだったけど・・・
猫ってトイレの共有とかしたがらないって言うし・・・。

今までは、保護した子達に、運良く里親さんがみつかってた。
でも、そんなのは、本当に運が良かったってだけだと
最近はしみじみ思うのよね。

今のところ、二匹で寄り添って仲良くしてるけど
三匹めが来たら、関係もかわるのかしら?

通りすがりに、植え込みなんかで
ちらっと子猫が走り抜けるのを、見るたびに
勝手に悩んでいるんだけど(笑)

そういえば、この二匹を会わせた時も
随分、強引だったわ〜。
猫のこと、なーんにも知らなかったからねー。
知らないって恐ろしいと思う。

ま、仲良くやってくれて感謝してるよ♪
| kukka | kissa | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://nanarinn.blog.bai.ne.jp/trackback/11291
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>



 初島の猫の里親さん募集バナー2.jpg


 ←click here



このページの先頭へ