kissa*almanakka | 盲導犬と受刑者

kissa*almanakka

<< 気分は呪怨 | main | ヘンリー・ミラーとヘンリー・ムーア >>
盲導犬と受刑者
 来年開設予定の民間委託の刑務所で、受刑者が盲導犬育成プログラムに
参加する
見通しとか・・・・・

 確かに、犯罪に手を染めた人間が人間性を取り戻すことにも
すさんだ心をいやすことにも動物は役立つでしょう。

 でも、ちょっと待っていただきたい。

 将来、盲導犬になる子犬を育成するボランティア=パピーウォーカーは
無条件に溢れんばかりの愛情を注ぎます。
そうやって、愛されて愛されて存在の全てを受け入れられることで
その家庭をを離れてからも、厳しい訓練に耐えて
人の眼となり、命を預かる過酷な仕事を担うことが出来るのです。

 米国の刑務所では、実際にこのプログラムが行われており
成果を挙げているのだそうですが、米国と日本の刑務所そのものの
違いなども考慮した上で、実施されるのか疑問に思ってしまいます。

米国にはプリズンドッグと言って、受刑者が犬と共に暮らすことで
暴力性が抑えられたり、思いやりの心を育んだりと成果が上がっているそうです。

でも、それをそのまま日本の刑務所にあてはめるのは如何なものなんでしょう?

しかも、いきなりパピーウォーカーです。
湧き上がり溢れる無償の愛を、その子犬に受刑者は注げますか?
盲導犬は、たくさんの愛情と経験が必要なのです。
塀の中で、何を見て何を得ることができるのでしょう?
犯罪者が裁かれて入れられる檻の中で、多くのストレスを受ける懸念は
ないのでしょうか?

ストレス軽減(あくまで軽減です)のために、刑務所の外に連れ出す際には
当然ボランティアの協力もいるでしょう。
それをコーディネート出来る能力も刑務所の事務方には求められます。

いろんなことを考えるほどに、時期尚早な気がしてなりません。

受刑者は罪を償う為に、塀の中でストレスを溜めるのも仕方ない
でも、盲導犬候補の子犬たちはどうでしょう?
これから過酷な生活をするのです。
そして、人の命を預かる以上は、一定の期間の後にリタイアします。
その後の彼らの生活を考えても、せめて子犬の間は一生分の幸せを
感じて欲しい・・・・・


「うっ!やられたぁ〜〜〜〜!にゃんちゃって♪」

以下に、記事のコピーを貼っておきますね。
島根県浜田市に来年開設される民営刑務所で、受刑者が盲導犬育成の一端を担う矯正プログラムが導入される見通しになった。

 生命を慈しむ気持ちを育て、社会に貢献できる喜びを体験させるのが狙い。馬を飼育する過程で忍耐力などを養うプログラムも、実施される予定だ。国内の刑務所ではいずれも初めての取り組みで、動物を介在させた矯正教育が、本格的に始まる。

 両プログラムを予定しているのは、来年10月に開所される刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」。法務省は今年、建設・運営を民間に委託する「PFI方式」の刑務所を開設、同センターは4か所目となる。初めて入所する刑期1年以上8年未満の受刑者ら2000人を収容、一部の業務を除き、ゼネコン「大林組」、警備会社「綜合(そうごう)警備保障」などの企業グループが運営する。

 財団法人「日本盲導犬協会」と連携するプログラムでは、受刑者が、盲導犬の候補となる子犬に社会性を身につけさせる養育者として、散歩やしつけなどにあたる。盲導犬は人間との信頼関係をつくるため、訓練に入る前の生後間もない時期に、人間の愛情を受けて育てられることが大切で、同協会は現在、ボランティアに委託している。

 同企業グループなどによると、米国では、一部の刑務所や少年院で受刑者に盲導犬や介助犬、爆発物探知犬になる子犬を育てさせるなどのプログラムを実施。受刑者には、暴力的行動が減ったり、責任感や他者への思いやりがはぐくまれたりする効果が出ている。

 ペットの美容師、獣医師の助手など出所後の雇用や、再犯防止にも役立っているという。

 同企業グループは盲導犬協会とともに、米国も参考にプログラムの詳細を決め、罪種や犯歴なども考慮して対象者の条件を詰める。

 このほか、人間の感情に敏感で、力ずくではしつけられない馬を育てながら、忍耐力やコミュニケーション能力の向上を目指すプログラムも計画。乗馬クラブの協力を得て、センター内に設ける厩舎(きゅうしゃ)で、受刑者が馬のエサやり、しつけにあたる。

 米国のプログラムに詳しいフォトジャーナリスト、大塚敦子さん(47)は、「米国では、犬にストレスがたまらないようボランティアの協力で施設外にも出すなど配慮し、受刑者の矯正に効果を上げており、日本でも計画をよく練ってほしい。また、馬と向き合うことで暴力的な傾向のある人も、自分を省みる経験を積めると思う」と期待している。

(2007年9月21日14時33分 読売新聞)
| kukka | kukkaのつぶやき | 14:17 | comments(12) | - |
どうして盲導犬候補の子犬なんだろう・・・
なんか違う気がする・・・
アメリカだった気がするけど、適正テストをして合格した受刑者に人間に虐待されて人間不信になったワンちゃんを託し、最終的には里親さんの所へ行けるまでにする・・・というのをテレビで見た事があるのだけど、日本も導入すればいいのになと思いました。
| nyagasunsun | 2007/09/29 10:46 PM |
うんうん。。。。
どうして、盲導犬候補なのかが理解できないの。
提携するなら、保健所でしょ!って思うのよね・・・・
保健所のわんちゃんを、適正テストで合格した受刑者に託して
その子が人間を信じられるようになって、里子に行く。
素晴らしいよね。
そのことで、受刑者が学ぶことも多いと思うし。
それなら、一石二鳥だと思うけど・・・・・
パピーウォーカーは、一石二鳥で済む話ではないと思います。
| kukka | 2007/09/30 12:50 PM |
囚人にパピーウォーカーは難しいかも知れませんね〜。
こう言うと、囚人を差別視しているようですが、
そうでは有りません。
パピードッグには、1歳まで最大限の愛情を注がなければいけません。
収監されている人々本人がかなりのストレスを持っていると想像できます。
そのような状態で、子犬に対する冷静なケアが出来るのかということがひとつ。
もうひとつ、厳しい管理体制の下、24時間ケアが必要な子犬の面倒を見れるのか・・・
例を出すと、夜はどうすんの?一緒に檻の中で過ごせるの?
大人と接することはあっても、子供と接することがない。
ということです。
人の精神の部分と環境面、このふたつの問題がクリアされなければ、無理だと思います。
プリズンドッグは、人間のケアの為、パピーウォーカーは犬のケアの為のシステムです。
問題がクリアされない限り、パピードッグは囚人の為のプリズンドッグにしかならないでしょうね。
とはいえ、現状のパピーウォーカーは無償のボランティアにのみ頼っている状態です。
これが、好ましい状態ではありません。
今後需要が増える、盲導犬の育成も数的生産(言葉悪いです・・・上手い表現が出来ません)も伸びません。
試みそのものを否定はしませんが、
ちょっと・・・早いんじゃないかな・・・と。
民間刑務所の売りや宣伝でないことを願います。

| manenyan | 2007/09/30 1:40 PM |
ブログ訪問ありがとうございます!
そうですね、このような現状を知ったのはつい最近なのですが、人間たちの身勝手さに驚き、悲しみを覚えました。
ペットとして飼われている、または自由気ままに生活している動物たちがこんなにも不当に扱われている。人間はたまたま今この地球で繁栄している種族なだけなのに。命の価値は同じなんじゃないのか、同じ生き物として。
人間の一人としてこの問題について、これからも考えを深めていきたいなぁと思っております(*゚ー゚)ゞ
ブログをお褒め頂いたのは初めてなのでかなり感激でしたw
どうぞこの問題を広めて頂ければと思います。
| 夏橙 | 2007/09/30 9:00 PM |
☆manenyanさん☆
そうなんです。
差別じゃなくて、獄中という敢て言えば「ストレスを溜めるべき状況」の日常に
無償の惜しみない愛情と幸福をうけるべき子犬を置いてどうするのかって思うんです。
プリズンドッグは、囚人のための存在。
でも、盲導犬になるべき子犬は、彼らのために人間が存在しなくては
なりませんもの。
そのために、パピーウォーカーになれる家族は
厳しい審査をクリアしているわけですから。
なにか違いますよね・・・・・

>今後需要が増える、盲導犬の育成も数的生産(言葉悪いで>す・・・上手い表現が出来ません)も伸びません。
>試みそのものを否定はしませんが、
>ちょっと・・・早いんじゃないかな・・・と。
>民間刑務所の売りや宣伝でないことを願います。

盲導犬を増やすのと同じくらい、盲導犬への対応を
社会に浸透させて欲しいし
民間刑務所の宣伝なんて恥ずべき行為でないことを
わたしも心から祈ります。

★夏橙さん★
中学生は、まだまだ子供・・・という認識でしたが
世の大人より、はるかに正しい視点・視線で物事をとらえていらっしゃるのかもしれませんね。

>人間はたまたま今この地球で繁栄している種族なだけなのに。
>命の価値は同じなんじゃないのか、同じ生き物として。

おっしゃる通りだと思います。
夏橙さんが、このまま真直ぐな素晴らしい方になってくださいね。
わたしもがんばって学び、発信できる人間にならなくちゃ!



| kukka | 2007/10/01 12:08 PM |
きょうkukkaと、護衛したよ♪
だけど、発生するはずだったの。
| BlogPetのkissa | 2007/10/01 1:19 PM |
遅くなりましたが、コメントさせて下さい。
『矯正プログラムの導入』というのが、とても嫌な印象を受けたのは私だけでしょうか。
確かに盲導犬を必要とする方々にとっては、あまりにも頭数が少なすぎるという現状は理解できますが、
受刑者にパピーウォーカーはハードルが高すぎます。
精通されたボランティアの方々が、
湧き上がり溢れる無償の愛情を注ぎ、一生懸命育てられたにもかかわらず、
訓練に入った後に、盲導犬としての適性に向き不向きが出てきます。
あらゆる事をふまえた上で、尚且つ盲導犬のパピーウォーカーという役割を与えることを選択したのでしょうか。
>受刑者に盲導犬や介助犬、爆発物探知犬になる子犬を育てさせるなどのプログラムを実施した結果、受刑者には、暴力的行動が減ったり、責任感や他者への思いやりがはぐくまれたりする効果が出ている。
受刑者の為のプログラムなのですよね。
それならば尚更、保健所やセンターと連携し、
訓練に向く子を探し出し、訓練士と共に犬の素晴らしさを学びながら、
社会で活躍出来る子を育て上げる方が、リスクも少なく達成感も大きく、
ずっとずっと受刑者の矯正プログラムになるのではないでしょうか。
海外の訓練を受けて活躍している子達は、シェルター出身の子も多いそうです。
全ての子達に、肉体的にも精神的にも、人間の為に犠牲を強いてはならないと思うのです。
| カーチャン | 2007/10/01 11:04 PM |
☆カーチャンさん☆
おっしゃる通りだと思います。
わたしも、パピーウォーカーになりたいですよ。。。。
でもね、不在がちだし、生活は不規則。
猫もいるし・・・・・
だから断念したのです。
それでもなにか動物の役に立ちたくて、桜を預かっているわけですが・・・
犬中心の生活をしてあげられないから、パピーウォーカーには
なれない・・・・いえ、ならない。
過酷な訓練と、それをクリアした子は激務がある。
それなら、その強さを身につけるためにこぼれるほどの愛情を
受けて欲しいと思います。
ストレスがあって然るべき刑務所内で、彼らはどんな生活をするのかと思うと不安でなりません。

>それならば尚更、保健所やセンターと連携し、
。訓練に向く子を探し出し、訓練士と共に犬の素晴らしさを>学びながら、
。社会で活躍出来る子を育て上げる方が、リスクも少なく
>達成感も大きく、
>ずっとずっと受刑者の矯正プログラムになるのではないで>しょうか。
>海外の訓練を受けて活躍している子達は、シェルター出身>の子も多いそうです。
>全ての子達に、肉体的にも精神的にも、人間の為に犠牲を>強いてはならないと思うのです。

人のために犬を役立てる、というのは驕りでしかありませんよね。
もっと動物の立場をも慮ったプログラムを考えて頂きたいと思います。
まずは、殺処分という最低最悪の裏切りを人間にされるであろう子たちから、救ってほしい。
いきなり盲導犬に飛躍しないで熟慮をすべき問題だと思います。
| kukka | 2007/10/01 11:51 PM |
はじめまして、こちらのブログが目にとまったので訪問記念(は?)にコメント書かせて頂きます。
浜田のパピー・プログラムは、子犬は週末には地元住民のボランティアの方々のうちに行くらしいです。
で、刑務所の中の方々は60人単位くらいで一匹の子犬のお世話をするみたいなお話をお聞きしました。

なんかこちらの刑務所はまだ発案途中らしいですけど、色々努力はなされるらしいです。まずは社会復帰間近な方を入所させるだとか、『刑務所モデル』ではなく『学校モデル』の刑務所にするだとか・・・。

上手くいけばいいとは思うのですが。
| なぁむ | 2007/11/20 4:50 AM |
☆なぁむさん☆
はじめまして。
ご訪問、ありがとうございます♪

60人単位で1匹のお世話なんですか・・・
学校モデルの刑務所・・・・受刑者の方の中には
学ぶ楽しみや、学校で得られるはずの喜びを未経験の方も
あるかもしれませんものね。
人として社会人として、きちんと更生なさって
子犬にストレスを与えることなくプログラムが進むことを
願って止みません。

盲導犬になれば、その職務中はすべての自由を奪われて
辛い生活が待っていることを心して、精一杯の自由と愛情を
注いであげてほしいです。

これからも、よろしくお願いしますm(__)m
| kukka | 2007/11/20 2:06 PM |
はじめまして。検索でやってきました。

詳細があきらかではないですが・・・
盲導犬のパピーは愛情を注がれるのはもちろんの事
他に一年間に色々な社会経験をしなければならないと思うのですが、それが果たしてできるのか疑問です。


>盲導犬になれば、その職務中はすべての自由を奪われて
辛い生活が待っている・・・

申し訳ありませんが
この部分は事実に即していないのでは。
ユーザーと歩く事を苦痛と感じる子は盲導犬にはなりません(なれません)
盲導犬は一般のラブラドールより長命という検査結果も出ています。
意欲的に仕事をしていると見てあげてほしいです。

突然訪問してなにやらごめんなさいね。

| えのちゃん | 2008/06/10 9:04 AM |
☆えのさん☆
コメントありがとうございます。
もちろん、犬は仕事を喜びに感じているかもしれません。

ただ、その激務にかかるストレスは相当なものだと思うのです。
人の目として行動するわけですから。
そして、彼らはオーナーの下で寿命を終えることも出来ません。
そういったことを考えると、せめて仔犬の間だけでも
のびのびとなんのストレスもなく暮らしてほしいと思うのです。
それが塀の向こう側にあるのかどうか・・・・
ここでみんなが心配しているのは、そういったことなのです。

ご近所に盲導犬がいます。
ハーネスをつけてない時は、わたしに飛びついてご挨拶してくれます。
ハーネスをつけている時は、知らん顔しておくことにしていますが
それでも、彼女はこちらをじっと見てかすかにしっぽを
横に揺らしています。
そんな彼女を見ながら、わたしは少し切なくなるのです。
もちろん意欲的にお仕事をしているのですが
それでもやはり・・・・遊びたいのでしょう。
だからハーネスをつけた彼女を見かけたら、できるだけ
彼女が気付く前に、わたしは道を変えるのです。
2〜3歳ならまだまだ遊びたい年頃なのでしょう。

せっかく生まれた命なら、みんな幸せになってほしいと
願ってやみません。
| kukka | 2008/06/11 1:22 PM |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>



 初島の猫の里親さん募集バナー2.jpg


 ←click here



このページの先頭へ