kissa*almanakka | サマーコンサート

kissa*almanakka

<< 昼下がりの桜 | main | 手作りごはん >>
サマーコンサート
 今日は、kykyの恩師が市民ホールで行われる吹奏楽のコンサートで
客員指揮者として、タクトをふるとか・・・・

 お友達と行くkykyが、わたしにもチケットをくれたので
お一人さまでコンサート観賞に行きました。
 T先生と出会っていなければ、いまのkykyはなかったのだと思うと
感慨深いです。

 久々に拝見した、T先生の軽やかなタクトさばき(?)
きっとこれからも、ずっとず〜〜〜っと
kykyがお世話になるんだろうな・・・・

 よろしくお願いいたしますm(__)m(←甘える気満々の奴(笑


 さて、こたろうくんを保護していたノンタンママ。

実は、たぬきにもご飯をあげてくれています。

明け方、そのお皿を片付ける為に外に出ると・・・・
風呂敷に包まれたキャリーが門扉の前に・・・・

中には・・・

「寒くて苦しかったにゃん(><)」

風呂敷とキャリーって、あきらかに人の手を介してますよね?
一体どんなつもりなんでしょう?
夜も明ける前に、ノンタンママが「猫ボラ」って知ってて
その家の前に捨てたんですよね?

赤ちゃんポストに3人目の子供が捨てられたとか・・・

ポストがなかったら、どうするつもりで生んだのでしょう?

捨てるんですか?

育てられない命は作らない。
一度手にした命なら、責任を持つ。
動物ならば、その命まっとうするまで。
人間なら、己の命まっとうするまで。

生むなって言ってるんじゃありませんよ。
作るな!!!作らせるな!!!って言ってるんです。

作るのが本能だから、作って殺せなんて
ホラー作家が言ってましたけど・・・・
オマエが崖っぷちだよ、人として

ゼェゼェ・・・・ついつい熱くなってしまいました。
でも、ほんとうにそう思うんです。
授かった命なら、みんな祝福されてほしい・・・
それだけなんです。


「わかるにゃん、わかるにゃん・・・・」
| kukka | - | 19:33 | comments(8) | - |
T先生、素敵な方なんでしょうね〜
小学校も中学校も1年で担任が変わってしまうご時世。
恩師と呼べる先生が居るって、素敵ですね☆

猫を捨てる人、赤ちゃんを捨てる人、
自分以外の命を愛する事が出来ないって、悲しいですね。。。

Pooに命の大切さを教えてくれたのは
今は亡き、ぴーちゃんでした。
| megmeg | 2007/06/18 6:18 AM |
風呂敷とキャリー・・・自分の不始末を他人に尻拭いさせる行為ですね^_^;
助けて欲しいという気持ちなら安易に人に押し付けるだけでなく、ご自分も努力して欲しいですね。
生まれ来る命には罪がないですもの。
猫を捨てる行為・・・誰かが助けて育ててくれるという気持ちなんでしょうか?
自分が育てられないのに他人にそれを期待するほど身勝手なことはありません。
あ〜〜・・・本当に命の軽視は動物だけではないんですけど(>_<)
世の中間違ってる!
| pata | 2007/06/18 7:37 AM |
恩師の演奏会、すてきですね(^^)
チケットもらったから仕方なく行くんでなく、「T先生の演奏会だったら行きたい!」って思ってもらえる恩師って実は希少なんじゃないかなあと思ったり。。。
kykyさんは素敵な先生に出会われたのですね!!

ああーーーーー・・・にゃんこが・・・風呂敷とキャリー・・・。
寒くて大変だったろうに、命があって、本当によかった。
と思うと同時に、やっぱりすごい怒りを感じますね。
でもどうしたらいいんだろう。
考えると、本当に難しい問題なんですよね。。。

このにゃんこに明るい未来が訪れますように。。。
| sinocco | 2007/06/18 11:04 AM |
信じられない!!
風呂敷とキャリーって・・・・
おいおい・・・
生きていて本当によかったですね。
以前、家の壁に里親募集のチラシ等貼ってたんだけど近所のペット相談が増えてしまったので外しました。
保護活動をしている人だから・・・って気持ちで捨てていくのかなぁ。
でも一番卑劣な気がする!
| ももママ | 2007/06/18 11:15 AM |
うちも昔、猫とキャットフードの袋が箱に入れられて、
門の脇に置かれていたことがありました。
怒った母がどこかに捨て返しに行きましたが、
子供だった自分はどうすることもできず…。
猫には罪がないのにと、心が痛みました。
人に押し付けるようなやり方は許せませんが、
この猫さんは助かってよかったですね。
| ゆゆ | 2007/06/18 10:45 PM |
☆megmegさん☆
T先生、すてきな方です。
元ヤンでお茶目なので、子供に大人気(笑
白いスーツ姿はホストのようだと評判です。
kykyは、先生が大好きです。

小学校時代に2年間担任してくださったO先生も
一度も担任になって頂いていないのに
わたしまで、教え子気分でいるK先生。
なんだかありがたいなぁ・・・と、思う今日この頃です。

命の重さは、自分のも他者のも同じ。
それが理解できないから、ひどい事故や事件が多いのかな?

悲しいです。

Pooちゃん、ぴーちゃんと出会えてよかったね。
わたしに命の大切さを教えてくれたのはピコというわんこでした。

★pataさん★
心ならずも捨てるということは、美徳だと思っているのでしょうか?

kykyが生まれてすぐ、近所のショッピングモールのトイレに
赤ちゃんが捨てられました。
たまたま、発見してくれた人がいたけれど
生後間もない赤ちゃんが、長時間トイレに放置されていたら
死んでしまいます。
同じ時期に、母になった者としては理解に苦しみました。

弱い生きものは「捨てられる=死ぬ」のだと、なぜ認識しないのでしょうね・・・
悲しいです。

☆sinoccoさん☆
そうなんです。
わたしは、チケットを買うつもりでした。
それでkykyに、いくらか聞いたんです。
そうしたら「T先生にもらったから、友達と行くけど
余ってるからあげようか?」ってo(^O^)o(笑
ラッキーでした!!

にゃんこ、ひどいですよね・・・
たしかに難しい問題です。
猫を飼う=生殖制限をすると、義務付けられないかしら?
野良猫は地域猫に格上げして、こちらも生殖制限を
行政も手伝ってしてほしいです・・・

★ももママさん★
「動物が好き」って言ったら、近所の野良猫を
わたしに何とかしろと行ってきたご婦人もありました。
普通の上品な老婦人です・・・
あの神経はいまもって理解できません。

せめて、自分の猫が生んだ子はきちんと育ててあげてほしいですよね・・・

☆ゆゆさん☆
叔母の家は、よく子猫を門扉やガレージに捨てられます。
「門なら気付くけど、ガレージは気付かなくて
 命取りになっちゃう」と、言っていました。
猫好きだからって際限なく育てられるわけじゃないのにね・・・

子猫が助かったのが、唯一の救いです。
| kukka | 2007/06/19 12:23 AM |
素晴らしい演奏会の体験と
その演奏者という恩師に恵まれて
本当に良かったですね!!
きっと指揮者の先生も喜ばれていると思います。

捨て猫ちゃん、ひっどいですね‥‥
人間の子も動物の子も神様に生を受けて
喜ばれて生まれて来るんじゃないですか。
きっと母猫ちゃんは産んだ子が、
愛する我が子がいなくなってしまって
悲しんでいるはず。
産ませるなら責任持って成長見届けて、
そして里親に出すなら、責任持って探す、
そこまでするべきなのに。
人間の子も殺されたり捨てられたりする時代、
動物の事まで考えていられないのでしょうか。
悲しい事実です。
| ミミママ | 2007/06/19 12:23 PM |
☆ミミママさん☆
kykyは、ほんとうにすてきな先生にめぐり合えて
幸せです。
そして、わたしも。

子猫が捨てられたのなら、母猫は今頃
必死で探しているはずです。
それを見て、良心の呵責に苛まれることが
ないとしたら・・・
もう、鬼ですよね。

人間の子でも、親に殺められる時代です。
「極貧の中で、間引く」時代と違って
自分の欲求を満たす為だけに・・・
なんでこんなことになっちゃうんだろう?
悲しいです。
| kukka | 2007/06/20 1:38 PM |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>



 初島の猫の里親さん募集バナー2.jpg


 ←click here



このページの先頭へ