kissa*almanakka | 憂鬱な木曜日

kissa*almanakka

<< 病院 | main | 捨て猫と野良猫 >>
憂鬱な木曜日
今日は、お休み。
ここ数日、調子の悪いkykyを連れて病院へ。
神経性胃炎ですって・・・・(; ̄Д ̄)!
な・・・なんで?

帰宅後は、洗濯やらなにやらバタバタと・・・・

さ〜てお茶でも・・・と思った途端

『ぴゃっ!ぴゃあっ!』なにかの鳴き声だ・・・。
鳥かなあ?猫?うーーーーん。でも『ぴゃあっ』だしな・・・

随分、長く鳴く。
ななりんは、聞こえてないのか(どんな聴力だ?)
知らん顔。

ベランダから覗くと、前の緑地を白い猫が歩いている。
あの子かあ。結構おおきいよね・・・・

また、声が。
kykyが能天気に「里親探し、またすればぁ?」なんて言う。

いやだ・・・。
だって前回、再起不能な嫌な思いしたんだもん。
ウィルスもいっぱいくっつけられたんだもん。

「じゃあ、うちの子にする?」Σ( ̄□ ̄;)
どこが、神経性胃炎じゃ!!
だいたい、あなたは猫ダメなのに!本当は。
それだけじゃない。
やっぱり、我が家は二匹が限度。
kykyのアレルギーや、帰省時のこと。ななの病気もある。

それに、さっきのあの猫は大人みたいだし。

でも、見に行ってしまった(><)

植え込みの奥から声がする。
こちらも猫の鳴きまね。

いました。
手のひらサイズの白猫ちゃん。
でもね・・・
目が合った途端、脱兎のごとく逃げました。
しばらく探したけど、見つからない。
あんまり深追いして、お母さんが見つけられなくても
可哀想かな。。。

ってゆーか、お母さんはどこへ行ったんだろう?
え・・・間引き?まさかね・・・。

多分、生粋の野良さんみたい。
お顔も汚れていたし、人間は怖いみたい。
近くに行くこともできない。
今まで保護した子たちは、どの子も人間を
怖がらなかった。むしろ擦り寄ってきたもの。

ただ・・・お母さんが帰ってこなかったら?
この状態で、どれくらい元気でいられるんだろう?
手のひらに収まりそうな小ささだった。

こうしている間も、声が聞こえて胸が痛む。
声が止むと、お母さんのお帰りかな?と思ったり
まさか・・・最悪の結末?と思ったり。
緑地のお掃除のおじさん、意地悪そうだしなぁ。
ああ!!!

世の中、これくらいのサイズの家で
超多頭飼育をなさっている方もいる。
「三匹くらい、いけるだろ?」と思われるかもしれないけれど
やっぱり、飼うのは無理。
里親探しは、トラウマになっている。出来れば避けたい。

大体、捕まえられなきゃ意味がない。

こうなると頭の中は堂々巡りだ。
ああ・・・・私も神経性胃炎になりそうです。
| kukka | お外の子たち | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://nanarinn.blog.bai.ne.jp/trackback/18468
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>



 初島の猫の里親さん募集バナー2.jpg


 ←click here



このページの先頭へ