kissa*almanakka | 桜の贈り物

kissa*almanakka

<< わたしの愛娘 | main | 言葉のあや >>
桜の贈り物
 桜がいなくなって、ケージ暮らしと知って
それなら、お迎えに行きますとお伝えして
お返事が来ないまま・・・連絡が取れないまま時間が過ぎ
kykyとわたしは、寝不足や心労がたたったのかインフルエンザで
倒れてしまいました。

 kalaがお見舞いにと買ってきたいちご。
いちごの洗い方にはこだわりのあるわたし・・・・
ふらふらしながら、シンクでいちごを洗おうとすると・・・
ざるにいちごを入れて、水を注いでみたら
「え?桜?・・・・」

桜の花びらが1枚、2枚、3枚。
大きいのが2枚と、小さいのが1枚。
わたしたち家族みたい・・・・

「桜なわけはないよ」

水に浮かんだ花びらを拾ってみると
薄桃色のそれは、いちごの花びら。

そうですよね。桜のわけはありません・・・・
花びらを拾ってから、もう一度勢い良く水を注ぐと
今度はふわーっっと、たくさんの花びらが浮き上がりました。

いちごは大好きで、よく食べますが
こんな経験ははじめてでした。

桜が「もう大丈夫」と知らせてくれたのかしら?
涙がこぼれました。

その日、携帯にお友だちから
「桜ちゃんアメリカに行ったらしい」とのメールが数件入ったところでした。

「元気そうだけれど・・・・」
「里親さんにもなれたみたいだけど・・・・」

ようやく起き上がれるようになって、感謝の気持ちで
そのサイトを見に行きました。

言葉を失いました。
「預かりに返せといわれ、危機感を感じた保護主と代理投稿者は
 預かりの手の届かない安全なアメリカに桜を渡らせた」

わたしは、返せなんて言ってないのに。
このままケージの中にいるなら、自由な暮らしを覚えた桜が可哀想だから
お迎えに行きたいと・・・・・

お三方のブログを見て、もう言葉もありませんでした。

人馴れしていなかった桜に人一倍の愛情を注いだkykyには
残念ながら、里親さんのブログは見せられません。

人を恐れ、愛情にも世話されることにも全く慣れていなかった桜。
ケージに閉じ込められ、生きることを知らなかった桜。
その桜が社交的で、のびのびした良い子になったのは
少なからずkykyの愛情があったからです。

同じ人の子の親として、動物を愛する者として
残念というか・・・・・情けない気持ちでいっぱいになりました。

今回の出来事のとどのつまりは、猫ボラの内輪もめに
巻き込まれたに過ぎなかったのかもしれません。

桜がいなくなってから、今までにたくさんのメールやお手紙、
お電話も頂戴しました。

その中には、
「猫ボラに丸投げされた子を一生懸命に育てたのに
 ある日突然、取り上げられました。」とか
「動物ボランティアとして何年も預かった子を
 保護主に意見したために連れて行かれた」とか
同じような経験をなさった方からのメールもたくさんありました。

わたしのために、辛かった経験を思い出させてしまってごめんなさい。
そして、それを知らせてくださってありがとうございました。

預かりってなんでしょうね・・・・
それは、わたしだけの疑問ではないのですね。

明日、議員の方と逢いませんか?というお誘いを頂いています。

動物を取り巻く環境について、お話をさせていただくつもりでしたが
今回のことも含めて、公的機関が必要であること
そうしなければ、わたしのように辛い思いをする「預かり」が
また出るかもしれないことなどもお話してみようと思います。

もう・・・どんなに心が痛んでも、見ず知らずの方のSOSには
何も出来ないと思います。
そうでないと、自分一人でなく、家族にも
そして動物達にも、辛い思いをさせると学びました。

二度と、わたしと同じような思いをする方がいなくなるように・・・
きちんとした機関が必要だと痛切に感じました。
世間知らずでのおばかさんでも、安心して預かりが出来るように
公的機関が一日も早く出来ますように。

今回のことで、みなさんが下さった励ましのお言葉や
様々なお知恵、情報、すべてに心から感謝しています。
ほんとうに、ほんとうにありがとうございました。

心配してくださった方、心を痛めてくださった方、
アドバイスを下さった方・・・そんなお心遣いで
わたしは、癒され救われました。

コメントにも昨日、ようやくお返事しました。
頂いたメールやお手紙にも、少しずつお返事させていただきますので
もう少し・・・お待ちくださいね。

桜が見せてくれた桜吹雪(いちごだけど)を胸に
がんばっていこうと思っています。
これからもどうぞよろしくお願いしますm(__)m
| kukka | 桜咲かせるプロジェクト | 12:07 | comments(20) | - |
お知らせを頂いて、どんなに嬉しかったか・・・
「良かったkukkaさんが、少し元気になったぞ!」とニコニコですよっ、私。(笑)
つらい事、悲しい事を乗り越えると
今度また同じような思いをされている人が居た時に
元気付けてあげれるかもです!
そう思えば、自分の経験が役に立つんだな〜ってね。
そして、立ち直ろうとしている自分を褒めてあげてね。
「頑張ってるなぁ〜私。偉いなぁ〜私」って♪
桜ちゃんからの花びら・・案外そうかもしれませんよ。
ありがとうも、ちゃんとさよならも言えなかった
桜ちゃんからの ありがとうかも・・・
また仲良くして下さいね。
追:私ってば、いつも漢字を間違えたりしてますね。
まるで「私バカですよ」と言ってるみたい・・・ははは(^^;
| しろくま | 2008/01/28 4:10 PM |
お久しぶりです。
実はうちのK似のうにちゃんのその後が気になって何度かお邪魔していたのですが・・・中々コメントを残せないままですみません(汗)
お身体の調子はもう大丈夫ですか?
どうかご無理なさらないで下さいね(^^)

桜ちゃんの事、ご心痛お察し致します。
保護主さんも預かりさんも、猫の幸せを願う事は同じはずなのに、どうしてこうもすれ違ってしまったのかな、と・・・考えると切なくなりました。
一緒に生活していると母心も湧きますし、幸せを願う気持ちも日々強くなって当然だと思います。
保護主さんの方の詳しい事情は知らないので何とも言えませんが、kukkaさんにほんの少しの説明をする手間すら省いて、いきなりアメリカに桜ちゃんを渡らせる、という行動には疑問を感じざるを得ません。
kukkaさんにとっては「桜ちゃん」という固有名詞を持つ子でしたが、保護主さんにとっては単に「里親待ちの猫」という認識しかなく、その差が表れた結果なのかなと思いました・・・。
寂しい事ですよね・・・kukkaさんのお気持ちを思うと、私も同じ猫の親として泣けてきます。
アメリカで桜ちゃんが幸せに暮らしていてくれる事を祈ってやみません。

遅ればせながらこんな事を書いてしまい、お心を乱してしまったらごめんなさい(>_<)なのですが、実は密かに桜ちゃんのファンだったもので・・・。
kukkaさんご家族の愛情があったからこそ、里親さん宅でも桜ちゃんは愛されていると思いますよ♪
| シュガ子 | 2008/01/28 5:43 PM |
やっと復活したやないの!ようやったようやった!kukkaさんのした事は胸張ってええ事やと思うし、私も応援してるし、そんな人も多いと思うしね。
kykyくんの心中も辛かったやろうね?何でもそうやけど動物が好きな人もいれば、動物が好きな自分に酔ってるボランティアもおるんやろう。この辛い思いをバネにkukkaさんと御家族が人の振り見て我が振り直せる人間になったらええねん。頑張ってブログ続けてや!
| キミドリ | 2008/01/28 6:17 PM |
こんばんは。さくらちゃんの近況のブログを見ましたが、アメリカの里親さんに引き取られて、なんか良さそうなお宅で良かったじゃないですか。
私も心痛めておりましたが、もう、本当に安心しました。

でもきっと、関わった人たちもkukkaさんと同じく、みなさん桜ちゃんの幸せを願っていたことに変わりはないのではないでしょうか…。何かが間違っちゃって行き違ってしまった、のかも。
預かってしまえば、当然情が移ります。だけれども、あくまでも「預かり」ということだったら、仕方がないのかな、とも思いますが…。明確なとりきめとか約束というのがどのように交わされていたかはわかりませんが、それぞれの感情的な部分で事が進んだんだな、という感じです。

…まあ、でも、桜を引き取っていった方も、もう少し、預かりさんの気持ちも考えてくれてもいいんじゃないかなあ。だって一年も預かっていたんですから、どういうことになっているかは、簡単に想像がつくはず。
動物を思う優しい気持ちがあるなら、人間の気持ちも少しは汲んでやれないものか…。ちょっと安心させてくれるメールなりくれれば済むんじゃないのか?!

キミドリさんと同じく、動物好きということに心酔してる人は多いような気がします。熱心な動物愛護系の人って、ちょっとヒステリックな感じがしますね。例の、鯨の保護団体とか…

でも、やっぱり、活動に加わっている人たちの人間関係なんだと思います。
そこの連携の部分をおざなりにすると、うまくいかないですよね。
| akebon | 2008/01/28 9:55 PM |
とりあえず第一段階突破といったところでしょうか(゜∀゜)とにかくkukkaさんもkyky君もお体を大切に。
| choiwaru101 | 2008/01/29 12:31 AM |
kukka さん、
インフルエンザ、kyky 君ともども本当に大変でしたね。。。
やはり、お二人とも桜ちゃんのことで精神的にも身体的にもとてもダメージを受けられていたんですね。
決して無理せずに、ぼちぼちと体力回復してくださいね。
気持ちの方は本当にゆっくりと、になると思いますが。

ブログ復活されたんだーと思ったら、何だか変なコメントも入っていますね。
kukka さんがとてもお気の毒です。
どんな場合でも、ネット上で投稿者の連絡先も明らかにせずに自分勝手に言いたい放題するのはルール違反です。
こんな人は無視しましょう!
こんな無神経な人に関わっている時間とエネルギーが無駄です。

桜ちゃん、ホントに幸せになってほしいな。。。
| おてちゃん | 2008/01/29 5:38 PM |
☆しろくまさん☆
いろいろありがとうございました。
本当に、支えていただいて・・・・感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも、仲良くしてください♪
本当に、助けていただきました。

漢字、間違えてます?
全然気付いていませんでした。
PCって、ついつい確認せずに打ってしまうと
後から、笑っちゃう感じになっていることありますよね。
わたしも小テスト作るときに・・・よくやっちゃうんです(笑
おっちょこちょいのわたしですが、これからもどうぞよろしくm(__)m
| kukka | 2008/01/29 9:44 PM |
☆シュガ子さん☆
ご無沙汰しています。
可愛いKちゃんは、ご旅行を経験なさったのですね。
いまは、お家でのびのびでしょうか・・・・

コメント、ありがとうございます。
少しずつですが、気持ちの整理もついて来ました。

桜=固有名詞・・・・シュガ子さんの表現力に感動しました。
ほんと・・・そうだったのでしょうね。
そっと桜を応援してくださっていたこと感謝します。

うにちゃんのことは心配しているのですが・・・・
まだ見つからないようです。
近くまで行ったら、必ず見回るのですけれど・・・
黒猫地帯なのです。
なんとか生殖制限を徹底できると、街も人も
猫に優しくなってくれるかもしれません。
野良猫のいない社会になってほしいと思っています。

シュガ子さんのコメントに元気を頂きました。
ありがとうございます。
| kukka | 2008/01/29 9:51 PM |
☆キミドリさん☆
ご心配お掛けしました。
いつも心に掛けていただいて、ありがとうございます。

頂いたメールの中にも、キミドリさんのパワフルなコメントを
引用していらしたものがいくつかありました。
いつも元気とパワーを頂いているような気がします。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。
| kukka | 2008/01/29 9:53 PM |
☆akebonさん☆
ご心配頂いて、ありがとうございました。
そして、ごめんなさい。

今日、行政と個人のボランティアさんやきちんとした協会の方と
会合があって、呼んでいただいたのですが・・・・
こういう話は多いのだとか・・・

その場にいらした方たちは、エキセントリックな方がほとんどいらっしゃらなくて
みなさん穏やかに、そして冷静に話を進めていらっしゃいました。
でも、同じ会で支部が違うと驚くようなことをしているし
そういう人たちが「動物好き=変人」とか
「愛護団体=常軌を逸している」というイメージを
植えつけてしまうのだと、残念がっていました。

確かに鯨のことは・・・・方向性に疑問を感じますものね。

「動物に対して正直であるしかないのよ」というアドバイスを
いただきました。
それを心に刻もうと思っています。

桜のこと、わたしたち家族のこと、気に掛けてくださって
本当にありがとうございました。
| kukka | 2008/01/29 10:01 PM |
☆choiwaru101さん☆
いつも本当にありがとうございます。
とても感謝しています。

なんとか日常を取り戻し始めました。

これからも、ブログ続けますので・・・
どうぞよろしくお願いしますm(__)m

ミーミーちゃん、バナー外しますね。
うれしいような・・・・さみしいような・・・
ディランくんにも、早くいいご縁がありますように。
| kukka | 2008/01/29 10:06 PM |
☆おてちゃんさん☆
コメント、ありがとうございます。

ちょっとおどろいてしまったんですが・・・・
初めてのことでしたので・・・
どうしようか迷っていたら、おてちゃんがコメント書いてくださったので
(なんだか感情的な感じのものでしたし・・・・)
1つ前のコメントは削除させていただきました。

いつも心配してくださったり、応援してくださったり
ありがとうございます。

| kukka | 2008/01/29 10:11 PM |
動物愛護にかかわると 考え方しだいでいろいろなかんがえがあるようです。メールだけやり取りで感情がうまく伝わらずもめるというのはよく聞きます。
わたしは個人でたまたま拾ってしまって里親探しをしたのですが 昨年は17匹里親さんに出しました。
しかし 保護主はあくまでも裏方だとおもっています。その子の幸せに責任はあるけれど 主役は里親さんとその子だとおもいます。だってこれから何年も家族なんですもの。
わたしも昨年いろいろと難しさを痛感しました。誤解されたことも何度もあり やはり命を扱うのは難しいとおもいました。しかし 喜びもそれ以上にありました。
こういうことにめげずに どうぞ子猫のためになると思うことがあったらなさってください。よいこともありますものね。
| ぴんぐ | 2008/01/29 10:55 PM |
kukkaさん、
お元気を取り戻しつつのようで良かったです。
それに桜ちゃんもアメリカに行ったのには驚きましたが、
どなたかの家庭で可愛がられているという事ですよね。
それでしたら安心です。
預かりをするという気持ちって、私には経験の無い事で的確な事は言えませんが、やっぱり飼い猫のように深い愛情を持って過ごす事になるのでしょうね。心配になる気持ち良く分かります。早く元気になって下さい。
桜ちゃん、落ち着いているようなら本当に良かった。
| ミミママ | 2008/01/30 12:21 AM |
☆ぴんぐさん☆
お一人で17匹!すごいですね。
わたしの知っている方も、個人ですごい数の子を救っていらっしゃいます。

動物と里親さんが主役、よくわかります。
保護主は脇役。預かりも然り。
それがそうでなくなると・・・・トラブルになるのでしょうね。

これからもこつこつ・・・・小さなところでがんばろうと
思っています。
よろしくお願いしますm(__)m

| kukka | 2008/01/30 1:06 PM |
☆ミミママさん☆
ありがとうございます。
わたしも預かりは初めての経験でした。
なにが良くて、なにが悪いかはわかりませんが
家族として暮らした子の幸せを心から祈るばかりです。

きっと・・・どこかで無事に暮らしているなら
そして幸せなら・・・・それで充分です。
| kukka | 2008/01/30 1:09 PM |
お身体大丈夫ですか〜?
治りかけも重要ですから、お大事に。

さくらチャンの一件で、心を痛めているようですね。
あれやこれやあったことは、切ないですが・・・(^^;
皆さんがニャンコの幸せのために、尽力したことは疑いの余地はありません。
そして、さくらチャン(しまチャンではなく、さくらチャンとして)は幸せを掴んだと思います。
シャンシャン・・・とは行きませんか?(^^;

さくらチャンの里親サンは、猫の生態についても病気についても知識の深い人です。
何よりも猫に対する深い愛情を持った人です。
さくらチャンが幸せになるのは間違いないので、その点は心配しないで下さい。(^^)/
里親サンに「さくらチャンが人懐っこいのは、育てられた沢山のお母さんが愛情を持って接したからですよ。」と申したところ、
「もちろん、そう思っていますよ。」との返事を頂きましたよ。
| manenyan | 2008/01/31 7:49 PM |
同じ文に二回コメントしていいにゃろうか?ルール違反やったら堪忍やで。kukkaさんは、桜ちゃんのことで精一杯ケリ付けようとしてるんやね?メールでもそう感じましたよ。里親さんにも感謝はしてはったんやけど、あの表現がショックやんやろ?あれは私も目を疑ったし。お子さんは勿論の事それまで桜ちゃんとkukkaさんを応援していた人も今後目には出来ない表現やった事が辛いんとちゃうやろか?
桜ちゃんが人懐こいのは傍に居た誰も手を差し伸べなかった野良猫にkukkaさん家族がそれこそ経済的にも精神的にも肉体的にも自分の猫と同じように愛情を惜しみなく注いだ結果で、桜ちゃんのお母さんはkukkaさんやった事は疑いの余地は無いと思うんやけど?まあ、済んだことやし経験は次に生かしはったらよろしいんちゃうかな。kukkaさんは前を向いてなアカンよ!
| キミドリ | 2008/02/01 2:36 PM |
☆manenyanさん☆
わたしは・・・・桜の幸せだけを祈っています。
保護主さんサイドが、感情的になっているのは
文章を見れば判りますので、もう伺うこともないでしょう。

里子に出した子を思い、あれやこれやと感情をむき出しに
さみしがるのは好きではないので、かえって良かったと思います。

桜が幸せになったのだから、わたしはお役御免・・・
次にするべきことを模索中です。

いろいろありがとうございました。
カーチャンさんには、どんなに救われたかわかりません。
感謝の気持ちでいっぱいです。
| kukka | 2008/02/03 1:38 PM |
☆キミドリさん☆
ありがとうございます。
2回でも3回でも、大歓迎です♪
回数にルールなんてありませんからっ!

文章の表現方法は、人それぞれだと思っています。

お人柄の良さを信じて疑わなかった方だけに
ショックは否めませんでしたが・・・・

確かに、友人・知人もお気に入りから削除したと連絡が
ありましたし、応援してくれていたのに
申し訳ないな・・・と思います。
kykyには、見せられませんね。
今の桜を育てた一番の功労者なのに・・・・

でも、もう吹っ切りました・・・・
吹っ切れてはいないかもしれませんが、努力はしています・・・

応援してくれている方がたくさんいらして
その感謝でいっぱいで、とても癒されているんです。

ほんとうにありがとうございました。
| kukka | 2008/02/03 1:46 PM |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>



 初島の猫の里親さん募集バナー2.jpg


 ←click here



このページの先頭へ